カップルのお悩み解決所

彼女と毎日電話するのは危険?長続きするカップルの距離感とは

2017.7.13

忙しくてなかなか会えない、住んでいる場所が離れている、そんなカップルにとってメールや電話といったコミュニケーションは欠かせません。大好きな彼女と毎日電話をしたい、そんな男性も多いのではないでしょうか。

しかし電話はメールと違い、苦手意識を持っている人が意外と多いということを知っていましたか?

長く付き合っていくためには、二人の居心地の良い距離感を見つけることがポイントです。

彼女と毎日電話をしたい!当然、彼女もそう思ってる?

どんなに仲の良いカップルでも、考え方は違って当然です。毎日会わなくても大丈夫な人もいますし、逆に毎日会わないと不安だという人もいますよね。自分の考えを相手に押し付けない、これは簡単なようで結構難しいことなのです。

あなたが毎日電話をかけて、彼女が毎日電話に出てくれていたら嬉しいですよね。彼女もきっと電話できることを嬉しく思っているんだろう、あなたはそんな風に思いませんか?

しかし、これはもしかするとあなたの一方的な愛情表現になってしまっている可能性があります。付き合いが長いカップルであればまだしも、日の浅い二人はまだまだ本音で向き合えているとは言えません。

相手に良い顔をしたいから、良い彼氏・彼女だと思われたいから、少し背伸びをしてしまうものです。あなたにとっては毎日の電話が楽しみだとしても、彼女は無理して合わせているかもしれないということを考えてみましょう。

彼女と毎日電話をする上で気をつけるべきこと

電話というのはメールと違い、相手の時間を長く拘束することになります。タイミングがあえば急な電話にも出れますが、忙しかったり疲れていたりするとなかなか電話に出ようという気が起きなくなってしまうものです。

家族と出かけていたり、友人と遊んでいる時の電話ってとても困りますよね。何度も着信があるのに無視していると罪悪感を感じますし、ここで出てしまうと一緒にいる相手を放っておくことになってしまいます。

そうした状況にならないようにするためには、あらかじめ二人で電話のルールを決めてみてはいかがでしょうか。

急に電話をかけない

前触れなくかかってきて急用があるのかと思えばそうではない、カップルではただ声が聞きたくなって電話をすることもあるでしょう。しかしこれは忙しい身からするとあまり嬉しくはありません。

「今日の○時頃に電話できる?」と前もって聞いておくだけで、それに合わせて行動することができますよね。

時間を決めておく

特に話すことがなくても、だらだらと長電話になりがちなカップルは多いのではないでしょか。切るタイミングもなかなか掴めなくて気付いたら数時間・・・。

お互いの時間を有効的に使うためにも、長くてもこれくらいにしておこうという目安があれば「そろそろ切ろっか」「また明日ね」と切り出しやすくなります。

毎日電話をするのが苦痛になったら?彼女を傷つけない断り方

毎日電話をしたいと思うのがあなたではなく彼女だった場合、正直もう少し回数を減らしたいなと思っていても、なかなか伝えづらいですよね。それまで毎日電話をしていたのに、急に回数を減らそうなんて話したら彼女はショックを受けるかもしれません。

はっきりと話すことで相手を傷つけることになると考えがちですが、話を濁して伝える方が、彼女にとってはダメージが大きいということを理解しておきましょう。

人を傷つけないための嘘は良いと言われたりしますが、それは怪しまれずに本当のことを隠し通せる人に限ります。半端な言動で本心を隠すのはただ不安にさせてしまうだけです。

忙しくて睡眠時間が取れていない、電話はたまにするくらいが自分にとって丁度いいなど、正直に気持ちを打ち明けてしまった方があなたも彼女もすっきりするはずです。

電話は喧嘩になりやすい?顔が見えないからこそ気をつけたいこと

電話はどこにいても相手の声が聞けて、文字よりもよりリアルにお互いを感じることができますよね。顔を合わせないので、直接だと言いにくいような話もしやすいというメリットがあります。

しかしメリットというのは時にはデメリットにもなり得るもの。顔を合わせていない分、間違った伝わり方になってしまったり、つい思ってもないことを言ってしまったりするのです。

付き合いが長くなってくると、そのうち喧嘩をすることも増えてくるでしょう。なかなか会えないカップルからすれば電話は貴重な時間なのに、喧嘩してしまうなんて最悪ですよね。直接会って仲直りするのも簡単ではありませんし、そのまま連絡が無くなって自然消滅・・・なんてパターンも多いのが現実です。

なかでもつい言ってしまいがちで、致命傷となりやすいのが「もういい」という一言です。

喧嘩になりそうな雰囲気になったり、すでに喧嘩になってしまったとき、相手はきちんと話し合いをしようとしているのに「もういい」と一言言ってしまうだけであなたの印象は悪くなってしまいます。

頭に血が上って電話を切り、冷静になって反省したところで、もう取り返しのつかない事態になってしまうことも考えられます。

長続きの秘訣は適度な距離感!電話以外のコミュニケーションも活用しよう

毎日電話をしようと思っていても、仕事が忙しかったり、自分の予定が詰まっていると難しいこともありますよね。眠くても我慢して電話したり、やりたいことを後回しにしてしまったり。今はさほど苦に思うことではなくても、いつか我慢の限界がきてしまうものです。

長く付き合いを続けていくためには、お互いが無理をせずに対等な立場でいることが大切です。どちらかだけに、どんな小さなことでも負担が偏っていてはいけません。

“妥協”というとあまり良いイメージがありませんが、二人とも今まで全く違う環境で育ってきたのですから、考え方も違って当然です。二人で同じ歩幅で歩み寄り、二人が納得できる場所を探すのは簡単ではありませんが、これがうまくいくかどうかで長続きするかどうかが決まると言っても過言ではありません。

電話一つにしても、頻度や長さでいちいち揉めるのは嫌ですよね。カップルの連絡手段=電話が当たり前と思わず、LINEやメールなど自分たちにあったコミュニケーションツールを探してみてはいかがでしょうか。

 - カップルのお悩み, コミュニケーション