カップルのお悩み解決所

彼氏の赤ちゃんがほしい・・!そう思ったときの心得&準備

2017.7.18

『この人の赤ちゃんがほしい』、そう思える相手がいるというのはなんと幸せなことでしょう!

出産や子育ては、経験しないとその大変さはわかりませんが、楽しいことばかりではないことは予想できますね。「それでも彼氏のこどもがほしい」と思ったら、その気持ちさえあれば十分なのでしょうか?

どんなことでも、衝動的な行動は、希望や予想とは違った結果を生む種になります。まして相手は《大切な新しいいのち》。

計画的に赤ちゃんを作るつもりがあるのならば、どんな準備が必要なのか、いま、一度立ち止まって何を考えるべきかを考察してみましょう。


彼氏の赤ちゃんがほしいと思ったら。まずは段階について考えよう!

大好きな彼氏の赤ちゃんがほしいと思ったならば、まず彼と夫婦になることをおすすめします。

というのも、世間体や、「それが順序ってものでしょう!」という《決まり》のために言うのではありません。では、結婚してからの出産をおすすめする理由は何でしょうか。

それは、「彼氏」から「夫」、また「彼女」から「妻」に変わると、関係性が変わるからです。『当たり前でしょ』と思われるかもしれませんが、これは、世間から見た関係性のことではなく、《二人の間の関係性》のことです。

結婚して一緒に暮らし始めると、同棲していたのとはまた違う面が見えてくることがあります。人それぞれですから一概には言えませんが、大抵、「結婚すると女は変わる」なんて言われますよね。それは、女性が「彼氏」に求めるコトと、「夫」に求めるコトが違うからです。女性側は変わったつもりが無いかもしれません。しかし男性側は、結婚してから求められることが変わったために「彼女は変わったなあ」と感じることがあるのです。

女性側は、逆に付き合っていた頃と変わらない彼に「大黒柱の自覚はあるのかしら」「子供が出来たあと頼れるかしら」と不安に思うことがあります。

結婚しその辺りをお互いに見極め、そして成長し合ってから赤ちゃんを迎えるほうが、将来トラブルを防げると思いますよ。

彼氏の赤ちゃん。ほしいけど、まずどんな準備が必要?

「赤ちゃんがほしい」と思うのは素晴らしい感情です。しかし冒頭でも述べたように、衝動的な感情で動いてしまっては準備不足がたたります。

まずは気持ちを落ち着けて、自分たちが赤ちゃんを迎える《心構え》が出来ているかどうかを見極めましょう。

お金や環境はもちろんですが、これらのことがいくら整っていても、自分たちが大人として成長していなければ、子育ては難しいもの。かと言って、『親は子供に育てられるものだ』という意見もありますし、実際に親になってみなければ自覚は持てないもの・・という面もあります。

ですから、いまできることを彼氏と二人でやってみましょう。何ができるでしょうか。

二人で、《赤ちゃんができたら》というシュミレーションをして、良く話し合ってみましょう。まだ見ぬ未来への希望が膨らむ楽しい時間になると同時に、彼氏の子供に対する考え方や、教育などについての意見を聞く機会になります。

また、知り合いに赤ちゃんと触れ合わせてくれる人がいるなら、お願いしてみましょう。実際に触れてみることで実感が沸きます。ただの天使でないことに気づくと、浮いた気持ちが落ち着くかも(笑)。意外と重みのある赤ちゃんを抱かせてもらうと、自分が親になったら・・ということを冷静に想像できるようになるでしょう。

彼氏との赤ちゃんを授かる前に!考えてほしい、お金のこと

「うちはお金があるから大丈夫です!」「貯蓄は十分です!」とおっしゃる方も、まずは立ち止まってみてくださいね。

赤ちゃんを産む前・産むとき・産まれたあと・またその後の成長に合わせて、どんな内訳でどのくらいの費用がかかるのか、事前に知っておくならば、より計画的に子育てが出来ますね。また、市や国からの援助もありますが、いつどのくらい貰えるのかも知っておくと助けになります。

例えば産まれる前でも、ママ自身や赤ちゃんのための出産準備のお金が必要ですね。通院のときにかかる交通費、検査費、入院費、服や下着、母乳パッドなど細々したしたマタニティ用品、赤ちゃんの肌着や服、哺乳瓶、ベビーベッドなど諸々・・この時点で結構かかります。

知り合いから貰えるベビー用品は何があったか。妊婦検査や出産入院費用は県からの助成が出ますし、親戚などから出産祝いが頂けるとして、どれくらいの実費がかかるか・・・。ここまで考えるのはいざ妊娠が確認出来てからでも遅くはありませんが、これくらい忙しくなるのだと言うことを念頭に置くだけで気構えができますね。

赤ちゃんについて、彼氏の気持ちを確認してみよう

既に二人で、『私たちの赤ちゃんがほしいね』といつも言い合っているかもしれません。もしそれが、ぼんやりとした、ただただ幸せな家庭を持つイメージでしかなかったなら注意です!

もちろん、〈きっかけ〉と〈目標〉は『幸せになる』こと。しかしその中間過程には、前の項目でお伝えした、現実的な・そして具体的なお金の話や苦労も、避けて通れません。

二人で幸せを築いていきたい、と言う想いは同じかもしれません。でもやっぱり、現実をしっかり見据え、引っ張っていくのは、女性のほうだったりするのが常です(笑)。

『可愛い奥さんと赤ちゃんに挟まれて、楽しいことだけで生きて行きたいな♪』なんて考えている彼氏のオシリを叩く準備はできていますか?「私の彼は結構しっかり者だもん」と思っていても、突っ込んだ話をしてみたら自分のほうがずっと危機感があるかも・・・!それが発覚したなら、彼の意識改革をしてあげる期間は必要かもしれませんよ。

十分な準備が、二人の赤ちゃんの快適な環境をつくる

ただ「ほしい」という想いだけでつくって産まれた赤ちゃんと、十分な準備が整った環境で迎える赤ちゃんでは、やはり後者のほうが赤ちゃんにとって快適ですね。

大好きな彼氏との間につくる大切な赤ちゃんですから、気持ちだけを先走りさせず、しっかり準備をしてお迎えしましょう。それは、二人の心と、お金と、環境。環境面では、自分や彼の両親に、色々な話を聞いておくのも良いでしょう。産まれたらどこまでの援助をしてもらえるのか、そういったことも知っておく必要があるからです。

また彼のご両親と話しをしておくなら、彼のご両親と、自分の理想の子育てにあまりにも相違があった場合の対応も先に練っておけますよ。 もちろん親であるあなたの子育て理論が優先されるべきですが、あとで無駄に揉めることを防ぐのは、こどもの環境にとって良いこととなります。

準備を万全にして臨むなら、きっと素晴らしい未来を育むことができますよ。

 - カップルのお悩み