カップルのお悩み解決所

先輩から彼女に変わった!彼氏が敬語で話すのを止めさせる方法

2017.7.18

先輩の女性と付き合うことになって彼女になったのに、いつもの癖で敬語を使ってしまう彼氏だと距離感があるので嫌だと思ってしまいます。

いきなり先輩から彼女になったので無理もありませんが、早くお互いの距離を近づけたいのに敬語を使う彼氏に対して、どうすれば普通に話をしてくれるのか悩んでしまいます。

そこで先輩から彼女に変わった時に彼氏に敬語を止めさせるための方法を紹介します。


先輩から彼女になったのに彼氏が敬語で話したらイジる

付き合ったのに彼氏が昔のまま先輩彼女に敬語を使ってくる時は、ワザと敬語を使った彼氏をイジってみましょう。。

男性は上下関係を厳しく思っている人が多いので、今まで先輩だった人が彼女になっても、先輩と言う上下関係はなかなか消えることはありません。

彼女が何も言わなければそのまま先輩彼女として敬語を使うことが当たり前になってしまうので、早く彼氏に切り替えて欲しいと思います。

彼氏に付き合ったことで敬語を止めて欲しい時は、敬語で話した時にワザと彼氏をイジってあげましょう。

今まで敬語で話していた人にタメ口で話すのは勇気がいるので、男性はなかなか話せない人も多いです。

そこで敬語で話された瞬間に敬語で話したことをイジって、タメ口で話させるように仕向けましょう。

何度もタメ口で話すように促されることによって、だんだんとタメ口が当たり前になるので、敬語を話さなくなっていきます。

彼女になったのに先輩として敬語を使う彼氏に敬語で話を返す

付き合っている彼氏が敬語で話をしてきたら、自分もワザと同じように敬語で話をしてみましょう。

彼氏にとっては先輩や彼女になってからも先輩という意識が強いので、なかなかタメ口で話をすることは難しいです。

そこで付き合っている彼氏が敬語で話をするのがおかしいと思わせるために、あえて自分も敬語で話を返すようにします。

そうすると2人で敬語を使って話をすることになるので、付き合っているカップルとしてはおかしいと思うようになります。

彼氏が敬語で話をするのに違和感を感じるようになれば、だんだんと敬語ではなくタメ口ではなしをするようになるでしょう。

彼氏としては先輩が彼女になったとはいえ礼儀を欠いてはいけないと思っているので、なかなか敬語を直すのは難しいものです。

そこをあえて彼女が敬語を使うことによって、敬語で話すことに違和感を感じさせるように仕向けましょう。

先輩から彼女に変わっても敬語の時は自分から距離を近づけていく

彼氏が先輩である彼女に対して敬語を使うのが直らない時は、彼女の方から距離を縮めていくようにしましょう。

男性は上下関係に厳しい人が多いので、先輩だった人が彼女に立ったとしてもなかなか上下関係から抜け出せません。

そのため彼氏も気軽に付き合いたいと思っていても、どこか先輩だったという思いがあるので、積極的に行動したり敬語が直らないこともあります。

そこで先輩である彼女の方から積極的に彼氏に対して距離を近づけることによって、彼氏も自分から行ってもいいと思わせるようにしましょう。

敬語を使っている彼氏との距離感も遠いはずなので、まずは単純に彼氏に近づくことによって、彼氏もだんだんと彼女に慣れていくはずです。

彼氏が敬語を使ているうちはお互いの郷里感は遠い状態ので、自分から距離を縮めるために積極的行動してみましょう。

緊張している彼氏に積極的になれば彼氏も自信をつけやすい

付き合っている彼氏がなかなか敬語が直らない時は、自分から積極的に距離を使づけるように気を遣いましょう。

付き合ってるとは言っても元は先輩なので、急に態度を変えるのは難しいものです。

彼氏の方から積極的に行動してくれないことも多いので、彼氏が先輩だという気持ちが薄れるまでは、彼女の方から積極的に彼氏を誘いましょう。

男性にリードして欲しいと思っている女性は多いですが、先輩と後輩という関係性が残っているうちは、彼氏はなかなか敬語を直すことは難しいです。

自分から積極的に行けない女性でも相手を後輩だと思っていけば、何でもできるはずです。

彼氏は元は後輩なので先輩の言うことは何でも受け入れてくれるので、彼女が積極的に行くのが苦手だとしても、しっかりと受け入れてくれるはずです。

後は彼氏が自分に自信を持って彼女に接することができるようになれば、だんだんと敬語を使うことなく普通に付き合えるようになるはずです。

先輩ではなく彼女になったので好きにしていいという態度を見せる

ある日を境にして先輩から彼女になったとしても、彼氏はなかなかすぐには頭を切り替えることはできません。

しかしいつまでも彼氏が気を遣っているようでは距離も縮まらないので、彼女の方から彼氏の言うことは何でも受け入れるようにしましょう。

彼氏に自信を持ってリードしてもらうために、何か決めることがあればすべて彼氏の言うことに賛成しましょう。

自分の意見を言ってしまうと必ず先輩彼女の言うとおりにしてしまうので、彼氏もなかなか自信を持って言うことができません。

彼氏が気を遣って聞いてくれた時も、すべて彼氏に委ねるという態度を見せましょう。

そうすればだんだんと彼氏も自分の言うことをすべて受け入れてくれると思えるので、敬語ではなくタメ口でも受け入れてもらえると思うようになります。

初めは後輩彼氏は緊張と気を遣っているので、自分の方から積極的に彼氏を立ててついて行く姿勢を見せましょう。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み