カップルのお悩み解決所

彼氏が可愛いと言い過ぎると、彼女は引く!?驚きのその心理とは

2017.7.23

男にとって、女性に対する「可愛い」という言葉は、単純に褒め言葉だと思っていませんか?

が、実は、この可愛いを彼女に対して言い過ぎると、逆に女性としては、ありもしない彼氏の真意を疑ったり、落ち込んだりと非常にナーバスになることをご存知でしょうか?

褒め言葉の筈の可愛いが、何故、女性――特に彼女にとっては逆効果になってしまうのでしょうか?

それには、男性には中々理解しづらい女性ならではの心理があるのです!


彼氏からの可愛い、彼女に言い過ぎると逆効果になるのは何故?

付き合っている彼女の、ちょっとした仕草や、服装、言動など、彼氏から見て「ああ、本当に可愛いな」と感じた時、あなたはそれを口にしますか?

もし、何度も口にするような人は、要注意!です。

何故なら、あなたにとっては最大級の褒め言葉のつもりの「可愛い」が、彼女にとっては逆効果になっている可能性があるからです。
 

こう聞くと、男性としては「え?女の子に『可愛い』って褒め言葉じゃないの?」と疑問に思うことでしょう。

実は、ここに大きな考え方の違いがあるのです。
 

勿論、可愛いや綺麗といった言葉は褒め言葉ですから、男性、そして彼氏に言われれば嬉しくないわけではありません。

しかし、世の女性の多くは、自分のことを決して可愛いとは思っていないのです!

その為、彼氏が可愛いと言い過ぎると、逆に「どうせ私なんて」と卑下したり、何か裏があるのではないかと疑ってしまうのです。

彼氏が可愛いと言い過ぎると、逆に信じられなくなる心理とは

男性には理解しがたい女性のこうした心理は、ある種、世間の風潮が原因になっています。

いわゆるモデル体型の綺麗な女性がメディアでは持て囃され、一般的な女性の体型が劣っている、という認識が刷り込まれてしまっているのです。

顔だけでも、二重のぱっちりした目に、すらっと通った鼻筋、すっきりとしたフェイスライン――と、それこそモデルの女性がデフォルトだと考えさせられていると言っても過言ではありません。
 

だからこそ、自分よりも可愛いものに対して敏感で、「まだまだ」の筈の自分を、彼氏が可愛いと言ってくれることが信じられないのです。

時には、嬉しいというよりもむしろ「もっと可愛くなれよ」と言われているような気になる、という女性すらいるほどです。
 

また一方で、可愛いという言葉を言い過ぎると、「それさえ言っておけば私の機嫌が良くなると思っているんでしょう」とゴマすりやおべっかのように感じる女性もいます。
 

あなたの彼女がどちらのタイプであっても、褒め言葉を素直に受け取ってくれない女性だった場合には、やはりそれ以上言い過ぎないようにし、別の言葉で愛情を表現するほうが適していると言えます。

可愛いと言い過ぎも言わなすぎも、彼氏への不信に繋がる!?

勿論、全く可愛いと言わないのも、女性としては自信をなくす原因となります。

髪の毛を切った、メイクを変えた、いつもと違う持ち物を持っている等、自分の変化には敏感でいて欲しい、そう考えている女性は決して少なくありません。

例えば、久しぶりのデートで、気合を入れて準備をしたのに、何も褒めてくれない、気にも留めない態度をされると「彼氏って結局、女の努力を何も分かっていない!」とへそを曲げることは多々あります。
 

「可愛いと言い過ぎれば落ち込むし、ちょっと髪を切っただけで反応しなければ怒るなんて、なんて理不尽な!」と思う男性が大半でしょう。

ただ、こうした男性は、彼氏である自分の言葉が、どれだけ彼女に影響を与えるのか、あまり意識していないケースが多いのです。
 

女性は、会話をすることを好みます。

人と会話をすることで、友人ならば友情を、そして彼氏であれば愛情を深めていくものです。

その会話の中に、頻繁にではなく、効果的に「今日の髪型<も>可愛いね」等、上手に褒め言葉を含めることが出来る男性が、世にいうモテる男性になるのです。

可愛いなどの褒め言葉は、言い過ぎるよりも効果的に使うべし

彼女のことを可愛いと思い、それをそのまま受け取って欲しい。

そう思うのであれば、ここぞという時に、効果的に彼女に対して褒め言葉を使いましょう。
 

上の例のように、デートで髪型を変えてきた彼女に対して、「今日<は>」ではなく「今日<も>」と、いつもにも増して魅力がある、ということが伝わる言葉を選べば、『いつも可愛いけれど今日は一段といい』と思っていることが伝わります。

そして、可愛くなろうとする努力を見逃さないでくれる彼氏に対して、より愛情を深めるのです。
 

そんな言葉尻で変わるのか?と思う男性が多いでしょうが、先に触れた通り、女性は会話を大事にする傾向が男性よりも強いので、たった一言・一つの接続詞だけで、いろいろ考えてしまうのです。
 

ただ、今まで見てきたように、彼女を喜ばせる言葉を連呼する必要は全くありません。

待ち合わせ場所で会った時に一言添えるだけで十分、あなたが可愛いと思っていることは伝わります。
 

逆に別れ際に言うのはあまりいただけません。

デートの最中、彼女はずっと「私の変化に気付いてくれていないの?」という気持ちを引きずることになるからです。

自分の気持ちを率直に伝えること それが一番彼女が喜ぶ言葉かも

彼氏からの可愛い、綺麗だといった女性を褒める言葉は、最初のうちこそ単純に嬉しいと思ってもらえるでしょう。

ただし、言えば言うほど女性の中では価値が薄らいでしまい、嫌味やプレッシャーのように聞こえてしまうものです。
 

そして、二人の付き合いが長くなればなるほど、「外見が好みなだけで、内面を見てくれているわけではないの?」という気持ちも生じてくることもあります。

ですから、男性もこうした一般的な褒め言葉に頼りすぎず、自分の言葉で、彼女の価値を褒めてあげることができれば、いい関係を続けることが出来るでしょう。
 

例えば「君といると本当に安らげる」「一緒にいられると嬉しい」と、正直に自分の気持ちを表すだけでいいのです。

むしろ、一言で済まそうとする言葉より、本心からの言葉のほうが、彼女を喜ばせ、一緒にいたいと思ってもらえる言葉になるでしょう。

そして時々――思い出したように「いつも可愛いね」等、彼女の女心をくすぐるよう、効果的に褒め言葉を使ってみましょう。

きっと、あなたの本心であることが伝わりますよ!

 - 恋愛の謎