カップルのお悩み解決所

彼氏が転勤・・・これから大丈夫?不安になったら手紙を書こう

2017.7.21

忙しい毎日を過ごしていても、大好きな彼氏とは極力一緒にいたいと思うのが乙女心です。そんな中で急な彼氏の転勤が決まり、いきなり遠距離になってしまったら動揺しますよね。仕事の都合となれば口出しもできず、自分の生活もあるのでついて行くのも簡単ではありません。

近くで支えてあげることができないもどかしさや不安に別れを選ぶカップルも少なくありません。

そんなさまざまな感情が入り混じる二人におすすめしたいのが「手紙」です。

転勤が決まった彼氏にメールより手紙が良い理由

ついに遠くへ行ってしまう日がきたら、あなたはどうしますか?仕事を休んで見送りに行ったり、頑張ってねというメッセージでお互いを元気付けたり、これが別れではないと分かっていても泣いてしまうかもしれません。

前日まではなんでもないように振舞っていても、当日はしっかりとお見送りをしたいもの。そんなときにぜひおすすめしたいのが手紙です。

メールをはじめとしてさまざまなコミュニケーションツールが存在する現代では、なかなか人に手紙を書く機会もありませんよね。手書きのメッセージは年賀状だけという人も多いのではないでしょうか。

手紙は書くために時間もかかりますし、便箋に封筒に切手にと手間もかかります。さらにメールよりも相手に届くまで時間がかかるというデメリットばかりが目につくかもしれません。

しかしメールとの圧倒的な違いは、人の手で1文字ずつ書いたという温かさを感じられる点です。手紙は時間がかかりますが、書いている間は相手のことを考えている時間ですよね。

「いってらっしゃい」の一言だけでも、メールの文字よりもずっと気持ちのこもったプレゼントになるのです。

転勤で不安なのは彼氏も一緒、手紙に書く内容はこれ

今までとは違い、もし彼氏に何かが起きてもすぐに駆けつけることはできなくなります。体調を崩しても看病できず、疲れて帰ってきても癒してあげることはできません。慣れない環境の中で一人頑張る彼氏のことを考えると、あなたはいてもたってもいられなくなってしまいそうですよね。

しかし彼氏本人は泣き言ばかり言ってられないのも事実です。あなたを心配させないように、弱いところを見せないようにするかもしれませんよね。そんなときあなたは「彼は一人でも大丈夫なんだ」と思うのではなく、「辛いけど頑張っているんだ」と思うようにしてください。

彼氏だって寂しくないわけがありません。毎日不安に過ごしているのはお互い様、どんなに明るく振舞っていたって隠れた本音があるはずです。

手紙には明るく前向きな文章の中にも、素直に今あなたが思っている“さびしい”という気持ちを少し入れてみることで、彼氏からも本音をこぼしてくれるかもしれません。

手紙だからこそ重くもなる?転勤先の彼氏に負の言葉はNG

さびしい気持ちを伝えるのが悪いことではありませんが、不安を不満としてぶつけてしまうのはやめましょう。

「なんで転勤を断らなかったの?」「私の気持ちは考えてくれたの?」そんな一言でも彼氏にとっては重い一言になります。メールよりも手紙は気持ちがこもっている分、書く内容によっては負担になってしまうこともあります。

もしかしたら転勤のことをずっと隠していたかもしれませんし、彼氏が自ら望んだ転勤だったかもしれません。あなたからすれば文句を言ってやりたいような理由があるかもしれません。しかし、だとしてもそれを手紙で責めたところで良い結果にはなり得ないでしょう。

言いたいことがあるから転勤前に直接伝え、手紙の内容はなるべくポジティブな言葉でまとめるようにすることが、これから先も二人がうまく付き合っていくための第一歩となります。

手紙を送ることのメリットとデメリット、返事がこなくても怒らない

久しぶりに手紙を書こうとすると、途中で文章がおかしくなってしまったり文字を間違えてしまったりと、なかなか思うように捗らないのではないでしょうか。切手を貼ってポストに投函する、休日ならまだしも家と会社を往復する平日には時間が取れないかもしれません。

手紙を出した側は返事を楽しみに待ちますが、すぐに返ってこなくても気長に待つ余裕が必要です。男性であれば便箋を持っている人の方が少ないですし、下手したら手紙を書いたことがないかもしれません。

そんな彼氏に「早く返事出してよ!」なんて催促するのはNG、だって手紙には必ず返信しなくてはならないルールなんてありませんから。

あなたが彼氏からの返事を楽しみに待つイベントではなく、彼氏があなたからの手紙で元気付けられるものだと考えてみてください。遅くなっても必ず返事がほしいなら、返信用の封筒に切手を貼って送ってあげてもいいですね。

手紙だけは恥ずかしい・・・そんなあなたはプレゼントに忍ばせよう

今まではメールしか送ったことがなかったけど、転勤で遠距離になるのをきっかけに手紙を渡したいとします。しかし一度も手紙を渡したことがない、むしろ字を見られたことさえないカップルもきっといるはずです。

いきなり手紙を送ったり手渡したりするのはなんだか恥ずかしい・・・そんな時は、手紙だけでなくちょっとしたプレゼントと一緒に贈りましょう。

誕生日や記念日はもちろん、出かけた時にお土産を買ったり、特に特別な日ではないけど可愛らしいお菓子を送ってみたり、そんな時に手紙をそっと忍ばせておくのです。もちろん本人が手紙を読むまで同封してあることは秘密ですよ。

しばらく会えなくなるというタイミングの時に手紙を渡すよりも、なんでもない時に受け取った方がサプライズ感があって喜ばれるかもしれませんね。いつもあなたがつけている香水を振りかけたり一緒に撮った写真をハガキ代わりにしてみたり、たとえ距離が離れていてもあなたが側に感じられるような手紙を出したいですね。

 - 仕事・バイト, 彼氏に対するお悩み