カップルのお悩み解決所

デート代は割り勘派?彼氏もち?30代の恋愛事情

2017.7.26

昔は男性が払うものだとされてきたデート代。
しかし、世の中不景気。20代のカップルでは、割り勘派が増えてきているのが現状ですが、30代ともなるとそれなりにキャリアアップもして収入が上がっています。

30代でも割り勘?それとも女性におごるのは当然のことなのか??かっこつけたいところだけど、意外とシビアなお財布。

彼氏としてどうしたらいいの?彼女として愛されている?男性、女性それぞれどう振舞うべきなのか、いろんな意見をまとめてみました!

割り勘する派!30代の彼氏だってお財布事情は厳しい

現在では男女格差などもなくなってきて所得にも差がなくなっているため、割り勘派が一般的になってきています。

20代、30代ともに割り勘率は約50%となっており、さらに詳しくみると完全割り勘率は、20代よりも30代の方が増えているという結果に!!

割り勘方法は完全割り勘か、一部割り勘、交互に出す。など方法はさまざま。だけど、いつの間にかどちらかの負担が大きくなってることもあります。

一部割り勘の例でいうと、ご飯代は彼氏、お茶代は彼女といった感じですが、これだと彼氏の負担が断然大きいですよね。
交互に出す場合も一緒、どちらか一方がたまたま多く払うことが続けば、負担も大きくなります。

更には、食事量を見ると女性より男性の方が多いですよね。となると完全割り勘するのは、女性の方が分が悪い…なんて意見もみられます。

割り勘なし派!30代の彼氏ならデート代を出す

割り勘派が増えているとはいいましたが、20代、30代ともに50%の方が完全彼氏持ちです。

不景気だから男性のお給料がそれほど高くない。男女で給与格差が減っているとはいえ、やはり女性の方がお給料の方が少ないのではないでしょうか?

割り勘なし派の彼氏の意見としては、彼女にお金を負担させて生活が大丈夫なのか心配。お金を気にせず思いっきり一緒に楽しみたい。という声が見られました。

因みにこんな意見も。女性はお化粧、洋服代とデート前からおしゃれに時間もお金もかけてくれて、デートに行く前からデート代が発生しています。
男性は女性に比べても身だしなみにお金がかかるわけではないので、デート代を負担してあげるのは、いわゆる男の化粧だと。

なるほど!と納得できるもので、すごく紳士な考え方だなと思いました。
化粧とか服とかどうでもいい。なんて男性の意見も聞きますが、せっかくデートするならきれいな彼女としたいものですよね?
その努力を認めてあげるのは、女性としてはとってもうれしいものです。

割り勘だっていいし、30代の彼氏でもおごられちゃう!

割り勘派か、彼氏持ちか、質問サイトなどでも結構多い話題。デート代をどれだけ負担してくれるかは、女性として愛されているかを図る目安と捉えたくなりますが、そもそも「男性がデート代を持つもの」という考えが現代にそぐわないかもしません。

例えば「家事は女性がするもの」という固定概念もありましたが、近年では共働きが増えてきていることもあり、男性も女性も家事分担するのが当たり前になりつつあります。

彼氏が大変な時、なんとかしてあげたい!という気持ちになりませんか?そのなんとかしてあげるの一つとしてあるのが、金銭的なサポート。
転職や、資格勉強など頑張らないといけない時期に、金銭的に苦しいことはよくあることです。

大変な時にきちんと彼氏をサポートしてあげていたら、今ではデート代はすべて負担してくれてる。という意見もあります。

20代だから。30代だからと年齢は関係ありません。彼氏本人と向き合ってみた時に、どうしてあげるべきか考えて欲しいものですね。

割り勘テクニック&30代の彼氏は気をつけたいNG行為

特に彼氏がやりがちな行為といえる、見栄でデート代を出すというもの。
これはNGです!お金がない時は、正直に言うことができなければ、その関係を長続きすることはできませんし、特に30代ともなると将来結婚を見据える年代でもあります。

しっかり金銭管理ができるのかも結婚に対する判断基準になりますので、正直お金の話をするのはいやだという意見も見受けられますが、大事なことなのできちんと話しをしましょう。

そして、割り勘をしたい方におすすめの方法は、共有お財布をつくることです。
毎月お互い決まった額を共有お財布に入れて、デートの時の支払いはすべてそこからするようにすれば、きちんとした割り勘にもなりますし、資金が少なくなってくれば節約したデートに切替えることもできます。

また、この方法は、男性が少し多めに出す場合でも有効で、例えば男性が2万円、女性が1万円と出すといったように均衡を保つことができます。

割り勘にこだわらない。30代の素敵な彼氏と彼女

さて、いろいろな意見をまとめましたがいかがでしたでしょうか?
大事なことは相手を思いやることですよね。
そして、デート代を負担してもらったらありがとうという感謝の気持ちを伝えてあげましょう。

おごられるのは当然という考え方の人には、いくらお金に余裕があっても出してはあげたくありません。
きちんと感謝した上で、また別の形でご飯をつくってあげるとか、家事をしてあげるなどお礼の気持ち表してあげるとよいでしょう。

簡単に割り勘がありかなしかの話なんですが、相手の事情背景や、性格などで変わってくるため。一概にはこうあるべき!というのは言い難い、案外難しい話ではあります。

ただ言えることとしては、相手をどれだけ思いやれるか。相手にどれだけ自分のことを話せるのか。この二つのことに気を付けていれば、自ずとどう振舞えばよいのか見えてくるのではないでしょうか。

30代の彼氏、彼女のデートの割り勘について参考になりましたでしょうか?
楽しいお付き合いをして、結婚して素敵な家庭を持つ。そんな未来を築いていけたらいいですね。

 - カップルのお悩み, デート