カップルのお悩み解決所

彼女が精神的に不安定…みんなの意見や別れる方法!

2017.7.26

付き合った当初というのは、彼女との楽しい恋人生活を誰もが描きますよね。

しかし、彼女が常に精神的に不安定でこちらがいつも振り回されてしまう。

癒しと安らぎを求めて付き合った彼女に、気分によってはぶっきらぼうに扱われたり、かと思えば急に求められたり。癒しどころかだんだん彼女に疲れて来てしまった。

もう自分は一体どうすればいいんだ!と困っている男性もきっと多いのではないでしょうか?

そんな彼女との別れを決意するも、切り出し方が分からなくて困っている人も多いと思います。

今回は、精神的に不安定な彼女と別れたいと思った時の別れる方法や、他の男性の精神的に不安定な彼女に対する意見をご紹介します。

別れる事を決意するほど精神的に不安定な彼女に対する意見!

精神的に不安定な彼女に悩む男性の中には、「こんな事で別れを考える自分は最低なんだろうか?」と気にしてしまう人もいるでしょう。

しかし、あなた以外にも同じような事で悩み、別れを決意している人はいるのです。

そういった人たちは、精神的に不安定な彼女についてどのような意見を持っているのか。

一つは、例えば女性特有の問題、生理前や後などに訪れる精神的な乱れを主張された時に、どうしても男性はそれを体験することが出来ないのでなかなか理解出来ない。

理解が難しい。だけどいつも「生理前なの」と言い訳されちゃ何も言い返せない。というのが辛いという意見がありました。

後は、仕事の疲れを癒して欲しい、辛い時に支えて欲しいと思っていたが、逆に支える立場になってしまって正直辛い。という意見も。

さらに、「精神的に不安定というが、それはただのわがままなんじゃないのか?!」というなかなか厳しい意見も飛び交っていました。

このように、精神的に不安定な彼女に対する意見は様々にあるようです。

不安定な精神状態の彼女ほど、別れる時は感情的にならずに!

精神が不安定な彼女に、感情的な発言は逆効果です。

あなたも今まで様々な面でたくさんの我慢をし、自分だってイライラするけどそれを押し殺して彼女には接してきたことでしょう。

怒りを爆発させたい気持ちもわかります。しかし、別れ話を切り出す時はできるだけ冷静に、平常心を保って話をする事を心がけましょう。

彼女は別れる事を嫌がるかもしれませんが、その際にあなたが感情的に怒りや不満をぶつけてしまっては、相手もまたヒートアップしてしまい、話し合いどころでは無くなってしまいます。

ただの言い合いに終わってしまい、お互いの意見や言いたいことがなかなか頭に入って来ず、結局別れるのか別れないのか曖昧なままでその話し合いを終えてしまう可能性もあるでしょう。

ですので、別れ話を切り出す際はまず冷静に「別れたい」とストレートに言い、その後に「何で?!」と聞かれた時にきちんと答えられるよう、理由を2~3個は用意しておきましょう。

自分が本当に別れたいと思っているのかどうかの事前確認にもなりますので、自分の気持ちを整理する意味でも、しっかりと理由をまとめておくべきですね。

精神不安定な彼女と別れ話をする際は、自分の非の部分を言う!

こちらも精神状態が安定しない彼女と話をする際には気を付けておいた方が良いポイントで、必ず自分の非の部分を言いましょう。

「自分に非は一切無い、お前が全部悪い」と取られるような言い方をしてしまうと、元々不安定な精神状態を持つ彼女にとってかなり打撃の大きなものになります。

もしくは、上げ足を取るような発言で言いくるめられてしまう可能性もあり、そうなってしまっては彼女のペースに巻き込まれてしまいます。

ですので、彼女のペースに持ってかれる前にこちらから「自分の非がある部分を認める発言」をしておくのが良いでしょう。

「俺の○○なところは悪かったと思ってる」「○○だったところは俺が悪かった」などといった具合ですね。

しかしこの際に、「お前を支えてあげることが出来なかった」などの発言は、別れたいのであれば控えるべきでしょう。

別れを惜しむ彼女にとっては、「彼は私を支えられなかったから別れたいと思ってるんだ」という解釈になるので「あなたが居るだけで心の支えだよ」なんて言われてしまう可能性があるからです。

そう言われてしまっては、こちらから切り出す言葉に詰まってしまい、後戻りしにくい雰囲気になってしまいます。

ですので、彼女を同情するような発言は避け、あくまで自分の非だけを伝えるようにしましょう。

デートで「別れたい意思表示」を示しておく

いきなり別れ話に持ち込むのはちょっと急すぎる…と思ってしまう場合。

そういう時は、普段のデートの時に「別れたい意思表示」をちょっとずつ重ねておくと、彼女もあらかじめ別れの覚悟をしてくれる可能性があります。

例えば、つまらなそうにしたり、無言になったり。「あなたと居て居心地が良いとは感じていません」という事を態度で示しておくのです。

メールなどでそういった意思表示をすることも不可能ではありませんが、メールというのは文字だけのやり取りなので、どのようなニュアンスで受け取られるかは相手次第なのです。

これは、メールの一番厄介な部分でもあります。

ですので、下手に文字で別れたい空気を醸し出すよりも、会っている時に直接態度で示した方が分かりやすいのです。

急に別れ話を振るのは億劫に感じてしまう場合は、このような方法で少しずつ彼女に「別れ」を意識させておいた方が良いでしょう。

無理して関係を続ける必要はありません。自分の事も大切に!

さて、ここまで様々な別れ方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際この記事を読んでいる人の中に、もしかしたら「精神的に不安定な彼女には正直疲れるし別れたいとは思っているけど、自分の心が狭いだけかもしれない」と自分を疑ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、もしあなたが本当に辛いのであれば、無理して今の関係を続ける必要はありません。

あなただって一人の人間です。自分の好きなように生き、幸せになる権利があります。

彼女をかばいたい気持ちも混じっている場合は、あなたにとって複雑な心境かもしれませんが、自分の幸せの事も考えて結論を出してください。

少しでも別れに対して決意が揺らぐようであれば焦って別れ話を切り出すのは良くありませんが、自分で考えたうえで「別れた方が良い」と判断したなら勇気を持って別れ話を切り出すべきです。

あなた自信が納得のいく判断ができ、そしてあなたが思うように事が進むよう、この記事がお役に立てれば幸いです。

 - 別れ, 彼女に対するお悩み