カップルのお悩み解決所

彼氏の自慢話が多い…その心理と対処法!

2017.7.29

「今日も職場の女子に言い寄られてさ…」(俺モテるんだぜ自慢。)

「俺、結構職場で重要な立ち位置だから大変でさ…」(俺仕事できるんだぜ自慢)

日々彼氏から繰り広げられる様々な自慢話。

初めのうちは「凄いなあ。」と思っていたけれど、続くとさすがに何も思わなくなるどころか、寧ろやめて欲しいと思うように。

「自慢話が多いんだよ!」って言えたら楽だけどなかなかそんなことをストレートには言えない。

そんな悩みを持つあなたに、一体自慢話が多い彼氏の心理は何なのか?どのように対処したら良いのかをご紹介致します。

彼氏の自慢話が多いのは、頼れる男だと思われたいから

男として、彼女にとって頼れる存在でありたい。友達にも自慢できるかっこいい彼氏でありたい。何より彼女から憧れられたい。

こう思うのは、当然なことと言っても過言ではありません。

男性と言うのは、自分の武勇伝を語ることに生きがいを感じる部分もありますし、すごく気持ちのいいことなのですね。

「俺ってかっこいいだろ?」「俺って出来るやつだろ?」という事をアピールするのに必死なのです。

彼氏以外にも、職場の上司なども思い出してみて欲しいのですが、「俺も若いころはこんなことがやってて…」などと過去の武勇伝ですら語りたがる人っていませんか?

年齢にかかわらず、男性と言うのはとにかくいかに自分の価値を高く見せて女性に憧れてもらうのか。という事を常に意識しています。

モテたい男性にとっては当然の心理とも言えますね。この心理は、女性も頭の隅にでも置いておいた方が良いのかもしれません。

自慢話が多い彼氏は、意外と気弱で自信が無い!?

ここまで自分を大きく見せようと必死に自慢話を延々と語る男性の中には、意外にも「自分に自信が無い」。だからつい自慢話で相手を引き付けようとしてしまう。

という心理を持つ人もいるそうです。これはちょっと意外な心理ですね。

自分の行動や普段の発言だけで、ちゃんと彼女にとって魅力的な彼氏として映ってるのだろうか…。

ちゃんとかっこいい彼氏として認識されているだろうか。頼りない彼氏だなんて思われていないだろうか。そんなことばかり考えます。

そういった自信の無さから、職場での出来事など彼女には見てもらえない場面での自分の自慢話をつい彼女にたくさんしてしまうのでしょう。

自信があれば、自慢話などしなくても「俺はちゃんと彼女にとって頼れる彼氏になれている」といった気持ちの余裕があるわけですから、わざわざみられていない部分の自慢話などしなくて済みますもんね。

自信満々に自分の自慢話を語っているように見えても、意外とその裏では不安や自信の無さが影響しているのかもしれません。

彼氏の自慢話は多いし尽きないけど、とにかく黙って聞くべし?

さて、ここからは彼氏の自慢話に正直うんざりしているという方のための対処法ですが、まずは彼氏の自慢話を「うんうん」と聞いてあげましょう。

特にその自慢話に関して気の利いた反応をする必要はありません。ただただ話を聞いてあげて、「そうなんだ、凄いねー!」と一言言ってあげましょう。

自慢話の多い彼氏は、この「凄いね」という言葉が欲しいのです。この一言で、彼氏も満足してくれる可能性もあります。

とにかく、自慢話に対して彼氏が言ってほしそうな「流石だね」「そんなの知らなかった」「凄いね」などという言葉をかけてあげましょう。

このとき、スマホを触りつつ目線もスマホに向けたまま「凄いね」なんて言っても、「ほんとに思ってるのか?」と疑われてしまうので、あくまで目線はちゃんと彼氏の方に向けましょう。
(そこに気持ちがこもっていなかったとしても…)

彼氏の自慢話に飲まれるな!自分の得意分野をアピール

彼氏が自慢話を繰り返す要因に、もしかしたら「俺はお前より偉いんだぞアピール」の意味が含まれている可能性があるのかもしれません。

言えば彼氏に人間として舐められている状態といったところでしょうか。ナルシスト気質な男性がよく思いやすいことですね。

しかし、女性だって同じ人間です。優劣を付けられる筋合いはありませんよね。

ですので、普段からあなたの得意分野に関してもしっかりアピールしておきましょう。

料理が出来るでもいいですし、家事が出来るでもいいです。他には英語が得意とか、運動が出来るとか…。

ジャンルは何でもいいので、彼氏に勝る趣味や特技をしっかり自慢話大好きな彼氏にアピールしておきましょう。

「自分だけが偉いんじゃないんだぞ!」という事を教えてあげるのです。

こうして彼氏から舐められないようになれば、彼氏の自慢話の頻度も少しは落ち着くのではないでしょうか?

男性は自分を大きく見せたいものなんだ。シンプルな解釈でOK!

いかがでしたでしょうか?自慢話の多い彼氏のほとんどは、やはりいかに自分を大きく見せるか。かっこよく見せるかに重きを置いている場合が多いのです。

そして、自分がちゃんと彼女にとってかっこいい彼氏であるかどうか不安だという自分に自信のない人も、自慢話で彼女に自分を魅力的に映そうと必死なのです。

やはり彼女にはいつまでも自分の事を好きでいて欲しいと思うのは、当然ですからね。

ですのでここは、上手いこと彼氏が喜びそうなフレーズを返してご機嫌を取り、彼氏を満足させる。この解釈で良いと思います。

内容にまで真剣に耳を傾けていては、あなたの精神力が持ちませんからね…。

そして、ナルシストな彼氏に舐められないよう自分の特技もしっかりアピールすることも忘れずに!

男性と言うのは女性が思うより単純です。彼氏の機嫌を損なわないよう、彼氏の喜びそうな言葉で、軽く聞き流すくらいに捉えましょう。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み