カップルのお悩み解決所

彼氏に悩みを相談できないのは、悩みを聞けない男性の心理の問題

2017.7.31

「彼氏に悩みを相談できない」と悩んでいる女性は想像以上に多いのです。

しかし、彼氏に相談する事を諦めてしまえば、恋愛だって、結婚だって上手く行くはずはないのです。

だって悩みを打ち明けられない人と将来を共に過ごすのは、無理ですよね。そんな彼と別れればいいとも思いますが、彼を愛している!という人はどうしてもここをクリアしなくてはいけません。

悩みを聞いてくれない男性の心理についてご説明いたします。是非参考にしていただければと思います。


彼氏に悩みを相談できないのは女性と男性の考え方の違い

女性が悩みを相談する時、それは「自分を肯定して欲しい」時です。ただ黙って話しを聞いて、「大変だったね」「辛かったね」そう言ってくれればいいだけなんです。

しかし、男性の多くは、「悩みは解決しなきゃ!」と躍起になって、彼女を質問攻めにしたり、やたら自分の意見を披露したりして、下手すると悩みを打ち明けているあなたよりも、ずっと多く話したりするのです。

その上、「それはお前が良くなんじゃないか?」とあなたを否定する発言なんて出てくると、「悩みを打ち明けている」気分は台無し。全然すっきりしない訳です。

これは女性の多くは「悩み」とは言いますが、実際の所選択肢のどちらを選ぶかをきちんと心に決めています。しかし。それで自分が後悔しないか心配なので、相談という名の後押しや肯定を欲しいだけなのです。

しかし男性にとって悩みというのは、アドバイスや意見を求められていると感じて、「心に響くアドバイス」を必死で考えるのです。

男性的には頭を悩ましてベストな回答をしたつもりなのに、彼女は感心する訳でもなく、というかむしろ不機嫌だったりして、イライラしてきまうし、あなたはあなたで人の話しを聞いてくれない彼氏にイライラしたり。

そんな男女の考え方の差が、彼氏に悩みを打ち明けにくくしている訳なのです。

彼氏が悩み相談を拒否するので、悩みの相談できない

彼氏の性格にもよりますが、悩みや愚痴を彼女から聞く事すら拒否する人がいます。

精神的に余裕がないのかもしれませんし、また人の気持ちを共有しすぎてしまうのかもしれません。そのために、彼女の悩み相談を自分の事のように感じて、自分の気持ちが重くなるのが嫌なのかもしれません。

ただこういう姿勢で「悩み相談NG」という態度をされると、彼氏には悩みを相談できない!と思い詰めてしまう女性は多いと思います。

こういった男性は、相談する事で生じる責任が嫌だっりする事もあります。しかし彼女にも責任を持つのが嫌という事であれば、将来を共にしても、幸せな結婚生活を出来るかは正直判りません。

精神的に未熟な部分がある事は間違いないでしょう。

こういう彼氏と付き合うのであれば、あなたが「こういう彼氏である」事を諦めて受け入れるしかないかもしれません。

相談できない彼氏に悩みを相談する方法

さて前述したような精神的に未熟な部分があり、「責任取りたくない」「嫌な気持ちになりたくない」事から彼女の悩みを拒否するような男性相手の場合、「相談したいの」「悩み聞いてくれる?」と言う事で、彼の拒否感を煽ってしまう事があります。

悩みを軽い気持ちで言うのは難しいかもしれませんが、相手に悩みでなく雑談の延長の振りをして、悩みを打ち明けるというのも一つの方法です。

相手も雑談ならば、構えないで聞いてくれるでしょう。そのついでに、意見が欲しいのであれば、「あなたならどう思う?」「どうすればいいかな?」と聞いてみましょう。

また、あなたも相談を受けやすい雰囲気を作るのが大切です。人間というのは相手からしてもらった事を返そうという気持ちがあります。あなたが彼氏の悩みを聞いてあげて、彼氏がすっきりすれば、彼氏も自分のふるまい方が判って、あなたの悩みを聞いてくれるようになるかもしれません。

男性と女性の考え方の違いを利用して悩みを相談する

さて男性も女性も悩み相談で、イライラしてくるのはお互いの考え方の違いに問題があるとご説明いたしました。

そこを利用してみましょう。

例えば「悩みを聞いて」「相談があるの」なんて言うと、彼氏ははりきって「適格なアドバイス」をしようとして、相手の話しを聞きます。納得しない部分があれば、うるさく質問攻めしてきます。彼氏的には悪気はなくあなたのためを思った行動ですが、それでも彼女的にはうざいのは事実。

だから「悩み」「相談」というキーワードは言わずに、「ねえ、意見はいいからとにかく私の話しを聞いて」とあらかじめ言ってみましょう。
そうする事により、彼は「あなたの話しを聞く」という事を頑張ればいいことが判って
話しの腰を折ってまで質問しなくなり、またあなたを非難するような意見も控えるようになります。

男性と女性は「悩みを聞く」行為のスタンスは大きく違っています。それを理解したうえで、彼女が彼氏に悩みを打ち明ける時に、本当に自分がしてほしい事を伝えれば、お互いに意見がすれ違わなくて済みます。

自分の本音をきちんと彼氏に伝える事は意外に大事な事である

女性が「気持ちを察して欲しい」という願望があります。そのためいつも彼氏に対して言葉が足りずに、相手が自分の気持ちを察してくれないフラストレーションからイライラを加速させます。

男性は「言いたい事は言葉にしなければ伝わらない」事を知っていますので、彼女がなぜ不機嫌なのか理由は言ってくれないと判らないと思っています

この件に関しては男性の意見の方が正しいでしょう。

言わなければ気持ちは伝わりません。

彼氏が悩みを聞いてくれない、相談できない事が不満であれば、その旨を彼氏にきちんと伝えましょう。

彼氏に悩みを相談できない理由は大きく二つあり、一つ目は「悩み相談に対する男女の認識の違い」で二つ目は「彼氏が悩みを聞くのを嫌がる」ためです。

そこが不満の場合は、「どうして悩みを聞いてくれないの!」と言う事を伝えるのではなく、「自分の話しを黙って聞いて欲しい」というように自分がどうして欲しいのかをきちんと伝える必要があるのです。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み