カップルのお悩み解決所

彼氏が赤ちゃんを欲しがる!赤ちゃんを欲しがる男性の本音

2017.7.31

一般的には女性が子供を欲しがって、男性が「今はいいよ」という流れが多く感じますが、彼氏で赤ちゃんを欲しがる人というのは一定数います。

しかし赤ちゃんを欲しがる理由も、人それぞれです。まずは彼氏の本気度を考えて、それから子供を作る事を検討した方がいいでしょう。

赤ちゃんを欲しがる男性の本音と、そういった彼氏への対処方法についてご説明いたします。


彼氏が赤ちゃんを欲しがるのは「あなたを誰にも渡したくない」から

独占欲の強い彼氏というのがいます。こういったタイプの男性は何か女性を自分から別れられない保証を欲しています。

その保証として、「赤ちゃん」を求めているのです。

赤ちゃんがいれば、よほどのことがない限りあなたが彼氏から離れていかないと思っているのです。だから、残念ながら、本当に赤ちゃんが生まれても、その赤ちゃんに愛情が行くかは未知数です。場合によっては、あなたを独占する赤ちゃんに嫉妬してくる事もあります。

こういった独占欲の強いタイプの彼氏への対処方法は、本当に彼氏が赤ちゃんや子供を育てていこうと考えているか、一度子供や赤ちゃんの扱いや子供や赤ちゃんに対する態度を観察してみましょう。子供や赤ちゃんに全く興味がないようならば、あなたを手元に置くための手段として、「赤ちゃん」を欲しているだけかもしれません。

彼氏が赤ちゃんを欲しがるのは自分の遺伝子を残したいから

男性は自分で子供が産めません。必ず女性に協力してもらうしかないのです。

そして男性が色んな女性と関係を持つのは、自分の遺伝子を広めるためなんて意見もあるくらいです。

そこまで極端ではありませんが、女性のように自分の子供を欲する男性はいます。大切なのは「自分の子供」という点で、自分の遺伝子を受け持つ子供を欲しいと思うのです。

こういったタイプの男性の対処方法は、きちんと将来設計を話し合う事です。例えば赤ちゃんを産んで子供を育てるとなるとお金もかかります。またそれ以上に二人の関係が結婚していないのであれば、まずは結婚を考える必要もあります。

家庭を作る事、赤ちゃんを産む事、子供を育てる事の現実面を二人で調べてみましょう。そこで彼氏が引かずに、きちんと相談をし合う事が出来て、かつ現実的な問題もクリアしているのであれば、彼氏は子供を育てる準備が出来ているという事です。

彼氏が赤ちゃんを欲しがるのはあなたとの子供が欲しいから

彼氏も「この人だったら、一生を添い遂げられる」「二人で家庭を作れる」「自分の子供を産んで欲しい」と感じる女性に出会ったとしたら、子供を欲しいと感じるのです。

結婚も家庭を作る事も、子供を育てる事も全て責任が伴います。それは自分だけでは背負いきれなくても、あなたと二人ならば大丈夫と確信したかもしれません。

前述した「自分の遺伝子を残したい」男性と大きく違う所は、パートナーありきという事です。遺伝子を残したい人は極論を言えば、自分の子供を産んで一緒に育ててくれるのであれば、誰でもいいわけです。

しかしこのタイプは運命の相手であるあなたが相手でないと嫌なのです。

このタイプの対処方法は「遺伝子を残したい」タイプの男性と同じです。ただ、このタイプの彼氏は、まずは結婚をしたうえで、子供が欲しいと思っていますので、結婚の方が現時点ではウエイトが重い事があります。

自分が欲しいと感じるタイミングに赤ちゃんが出来るとは限らない

赤ちゃんが授かりものと言われるのは、条件が揃えば簡単に妊娠できますが、条件が一つでも欠けると妊娠できないのです。お互いが健康でも、遺伝子の相性の関係で、赤ちゃんが出来ないという事もあります。

また女性が年齢を重ねれば、どんどん妊娠する確率は下がっています。

経済的に安定してから、生活が落ち着いてから、自分が子供を育てる自信がついてから、そういう環境的な条件が揃ってから子供を作ろうとして、結果子供ができないままのカップルもいます。

つまり、大人の都合だけでは妊娠はコントロールできない部分があるのです。

だから、子供はいずれ欲しいと考えている方は、いつでも妊娠出産を視野に生活を考えた方がいいでしょう。タイミングはそれこそ最終的には神様でしか測れないのです。

欲しい時にできないのが子供なのですから。欲しいと思ったら、「いずれ」ではなく「今」にすべきです。

赤ちゃんを欲しがる彼氏の心理と対処方法

彼氏が赤ちゃんを欲しがるのは大きく分けて3つの理由があります。

一つ目は彼女を自分に縛り付けておく保証としての赤ちゃんです。

二つ目は、自分の遺伝子を残したいという欲求。

三つ目は、運命のパートナーと家庭を築きたいから。

一つ目と二つ目の場合は、男性が本当に子供を一緒に育てる気持ちがあるのかを、きちんと確かめた上で行動を起こした方がいいでしょう。特に一つ目の理由の場合、あなたを独占する子供に対してすら嫉妬しかねません。

二つ目と三つ目の場合、彼氏がどこまで現実的に物事を見てるかを確認する必要があります。子育ても家庭を作る事も責任を伴います。そういった現実面を見ずに、「子供と遊ぶ」自分だったり、「子供を抱きしめる」自分のような、甘いイメージしか持っていなければ、女性がそのギャップを埋める必要が出てしまうからです。

しかし妊娠も出産を最終判断をするのは女性です。ただし女性には年齢制限がありますので、「いずれ」子供をと考えている人は、出来るだけ早い段階から妊娠や出産に取り組んだ方がいいでしょう。残念ながら年齢が上がれば上がるほど、妊娠出来る確率は低くなります。

 - 彼氏に対するお悩み