カップルのお悩み解決所

気まずい!彼女との電話で無言が続かないようにする4つのポイント

2017.8.4

今付き合ってる彼女との電話での会話、皆さんどんな感じでしょうか?

電話でも常に身近に感じていたい、というのは当たり前の感情ですが、彼女との電話で、時々無言になることはありませんか?

気まずくなって無理に会話を探したり、相手はどう思っているだろうな、と余計な気を回して落ち込んでしまったり。

その結果「面白くない?」と悲しそうに言われてしまった、なんていう経験はありませんか?

そんな時の対処法、そうならないためのポイントなどをまとめてみました。


そう考えれば安心?彼女が電話で無言になるのを嫌がる理由

彼女との電話で無言になっちゃいけない、と慌てるまえに知っておくと安心できます。

まず男性と女性とでは、沈黙をしたりされたりする事に対する考え方が全く違うということです。

仕事でストレスに感じる事があったりプライベートな人間関係で感情的になった時など、一人になってゆっくり落ち着いて気持ちの整理をつけたいと考えたことはありませんか?

男性の場合はそんな時には外部をシャットダウンして一人でいる時間を持とうとします。

それとは反対に女性は仲のよい友人との会話によってストレスを発散しようとします。

ですから女性同士では、会話による意思疎通や気持ちの共有にに重要な意味があって、それがないと、相手に重大なルール違反があると感じるのです。

ですから、無言=話がつまらない、嫌いになった、ではなく無言=不安=感情を共有したいということなんですね。

マンネリ化?彼女との電話で無言が多くなった時

男性にとって女性の話を聞くことは常に楽しいことばかりではなく、面倒なことも多いようです。

それは彼女とはいえ長くつきあってくると同じです。

雑な言葉遣いを避けてエッチな話もしないなど、注意点もあります。

又、女性は一旦気分を害すると元に戻るまで時間がかかるので、機嫌を損ねないように話を合わせる必要があります。

つまり、男性にとって常に気遣いが必要なのが、かなりの精神的な負担となっていることだけは言うまでもありません。

話を聞いているとテンションが下がると思う男性も多く、自分には無関係な意味のないことや、ゴシップや他人の噂話を聞くとどうでもいいと感じてしまう、と言います。

そうはいっても彼女とのいい関係を続けていくためには、話の内容に関わらず、面倒くさいとばかりもいってられないので具体的な対応策をみていきましょう。

無言になるのは頻度の問題?彼女との電話の回数を考えて

いつも会っている関係なら電話をしてもすぐに飽きてしまうし、話題もなくなります。

私の場合は話題がなくなって無言になるのが嫌なので、最初に電話が苦手というのを相手に伝えていて、メールやラインをメインにしていました。

いつも会っているなら月に1度くらいで頻繁な電話は必要ないでしょう。

勤務先や学校が同じ方でも活動は別々ですから、その場合は週に1回程度共通の話題を話すのが丁度よいのではないでしょうか。

なかなか会えない人達の場合でそれほど忙しくないなら、電話の頻度は3日に1回くらいだと思います。

それ以上だと話題も減ってきますし、逆にストレスになってしまいます。忙しいなら人達なら、週に1回10分程度でもいいでしょう。

週に10分でも声を聴ければ安心できますし、電話がない日でもそれを励みに毎日を過ごせます。

これが全くないと、つきあっているという実感が薄れてしまって、フェードアウトの可能性もあります。

無言の時間を作らないために!日ごろの話題を集めよう

せっかくの楽しい彼女との会話で無言の空気にならないためには、彼女のことをもっと知りたい、という様子を見せることです。

自分に対する関心が高い事で彼女は嬉しく感じます。

彼女が興味のある話題の時には、もう少し掘り下げて聞いてみるといいでしょう。

もう一歩踏み込んで、彼女の好きな芸能人や音楽、ドラマなどについてリサーチして感想をいってあげると話が広がって盛り上がるのでおすすめです。

家族や親戚の事を深く掘り下げるような会話は尋問みたいでよくありませんが、楽しくスキンシップをとるためにも彼女がハマってそうな話題を下調べしておく事が大事です。

そしてタイミングよく「そういえばこの前の・・・」と切り出してその感想を言えば、彼女も楽しんでくれます。

ただひとつ注意点があって、絶対に否定的な意見は言ってはいけません。絶対に、です。

楽しく会話をするのが目的なのですから、悪く言われれば彼女も気分を悪くしてしまいます。

これは何でもハイハイ、というのとは違います。彼女の好きなものには肯定的にならなくては話も盛り上がりません。

ただ、全く興味のないことを話題にするのはかなり負担です。

それでも女性は共感を欲しがっていることを考えて、まず第一に聞き上手になることが二人の関係をよりよくしていく秘訣なんです。

電話の頻度と会話の内容、心構えが大事ですね

いかがだったでしょうか?彼女との電話を楽しいものにするために、変な間をつくって気まずい雰囲気にならないための対策やポイントなどをご紹介してきました。

もっと知りたい、もっと話したいと思っても気ばかりあせってうまく会話ができずに沈黙してしまう。

反対に彼女のことは好きだけど毎回の電話の内容が嫌じゃないけど新鮮味が薄れるというか、ちょっと自分の時間が制限されるような錯覚に陥ってしまっている、いろいろなケースが考えられると思います。

お互いの心のバーがどちらに向いているのかを考えれば対応策もおのずとでてきます。

彼女の自分に対するアプローチのバランスが強いなら、関係を維持してよくしていくために聞き上手にならなければなりませんし、逆に自分のほうが強いなら、彼女の負担にならないよう、また話題がなくならないようにリサーチや回数を考えなければなりません。

逆に考えると無言になっても壊れないのが信頼の証ともいえるでしょう。無言を楽しむ、とでもいうのでしょうか。慣れてくればその無言さえ話題にすることができます。

ともあれ2人の関係をよくしていくコミュニケーションツールとして、電話だけでなくメールやラインも使ってバランスよくやっていくのが一番いいのではないでしょうか。

 - コミュニケーション, 彼女に対するお悩み