カップルのお悩み解決所

何故隠すの?彼女の存在を周囲に言わない彼氏の心理状況とは

2017.8.9

「恋人がいるかどうか、それはとてもプライベートな質問であり、話す必要がない人には話さない」。

世の中には、そうした考え方を持っている人はいますが、それが自分の彼氏だと、寂しく思ったり、疑問に思ってしまいますね。

やましいことがないならば話してくれていいのに、彼女である自分の存在を言わない彼にやきもきしてしまう前に、何故言おうとしないのか、その心理状況を見てみましょう。


彼女の存在を言わない彼… これってやっぱり浮気してるから!?

仕事先や学校、それに友人・知人の中やSNS上――そうした数々の付き合いを持っている人の中で、恋人の有無を言うかどうかは、まさに人によりけり。

ただ、自分の彼氏彼氏がまさにそんな人の場合、彼女であるあなた自身は「へー、そんな人もいるんだ」と鷹揚に構えていることなんて出来ないでしょう!
 

勿論、世の中には、彼氏・彼女という関係を表立って言わない人がいて、それを受け入れているカップルもいます。

しかし、別にそれが正しいわけでもありませんし、多くの女性は、やはり彼氏にはちゃんと彼女の存在を周囲に宣言して欲しい、そうして心配事を少しでも解消して欲しいと思うものです。

ですが、彼氏は馬耳東風…。

そんな態度だと、ついつい浮気でもしてるのでは?と疑いたくなってしまいます。
 

でも、早とちりや思い込み、そして感情に任せた物言いはは、大抵の男性が最も嫌うものです。

彼が言わない理由は何なのかを、しっかり見極めなければ…あなたが疲れて別れを決意するか、もしくは彼から別れを告げられるか、そんな未来が待っている可能性があります。

彼が会社の人にのみ彼女の存在を言わないのなら、心配無用かも

確認しておきたいのは、彼が何処まで、彼女であるあなたの存在を言ったのか・言わないのかの”範囲”です。
 

まず、「友人・知人には告げているが、会社の人やSNSでは彼女の存在を言わない」場合。

この時は、ほとんど気にする必要はないと言ってしまってよいでしょう。
 

何故ならば、会社という”公”の場というものを、プライベートとはっきりと切り分けて考えている男性というものは、想像以上に多いものです。

このような男性は、流石に結婚する時には、手続きなどが発生したり、挨拶が必要な時になりますが、そこまで発展しない限り、そして周囲から執拗に詮索される・社内の人に告白されるといったことがない限り、必要最小限のプライベート情報しか流したくない、と考えています。
 

「なら、せめてSNSでは彼女がいるって言ってもいいんじゃない?」と思っても、こうした男性は、非常に冷静です。

SNSのような、誰が見ていてもおかしくない場所――繋がりが何処まで及んでいるか把握できない場所での発言には、十分注意を払っているだけです。

友達にまで彼女の存在を言わない時には要注意?それとも…

「でも、私の彼氏は友達にさえ、私の存在を言わないんだけど…」と、不安に思っている人もいるでしょう。

確かに、”公”で彼女の存在を言わないことは納得できても、”私”の部分にまで内緒にされてしまうと、やはり何かがあるのでは?と考えてしまいますね。
 

友達と呼べる間柄の人がいない、という彼氏を除き、本当に、全く、誰一人にも彼女の存在を打ち明けていないような時には、確かに注意したい――と言いたいのですが、言い切れないケースも、いくつも存在します。
 

例えば、その”友達の中”に元カノがいたり、元カノに通じている人がいて、あまり彼女の存在を言いたくないような時。

友達とは言っているが、実際はそこまで深い付き合いではない(地元が別にあるような人に多い)。

大学時代の上下関係に繋がっているため、大っぴらにしたくない――などです。
 

ですから、全てがあなたの心配するような”浮気”という事柄に繋がるとは限りません。

むしろ、彼女の存在を言うか言わないかという点ではなく、他のポイントで自分が彼にとって本当に彼女かどうかを見定めたほうが得策です。

彼女の有無の公言よりも、彼氏の態度で判断するのが一番!

自分のことを彼女だと公言してくれない彼氏の真意が何処にあるか。
それを見極めるには、やはり一緒にいる時間の長さや、あなたに対する態度から判断するのが一番です。

休日はいつも一緒にいて、旅行にも行く、誕生日にはプレゼントもくれる、自分が大事にされていると感じているならば、間違いなくあなたは本命でしょう。
それでも、携帯を肌身離さない、仕事以外に連絡が取れない疑わしい時間がある、今までとなんだか雰囲気や服の趣味が違う、そんな浮気の兆候があれば、浮気相手がいる可能性は出てきます。

残念ながらあなたが本命ではない時には、あなたに対して割く時間の割合が短く、かつ彼が選んだ時間・場所でしか会えないという特徴があります。
また、プレゼントがおざなりだったり、お金を掛けようとしない特徴も合わせてある時には、その疑いが強いでしょう。
(デートのお金を毎回男性が出すべきで、そうしてもらえなければ本命ではない、という話ではありません)

彼に公言してもらいたいなら、自分の気持ちを上手に伝えよう

恋人の存在を言うか言わないかということは、女性にとってはかなり優先事項であるのに対し、実は男性にとってはそれほど大きなウェイトを持っている項目ではないのです。

親しい友達に言わない場合だって、上で触れたような例の他にも、「話す必要がないから」という場合もあり、女性には信じられなくても、男性の仲間内というものは、時にそれが通用してしまうのです。
 

ですから、彼女の存在を公言するか否かを、彼の誠意をはかる物差しにはすべきではありません。

第一、不誠実な男性の中には、彼女の存在を公言していながら、浮気相手を他に作っていることだってあり得るのですから!
 

こうして見てきても、やはりどうしても、彼に自分が彼女であると公言してもらいたいならば、その伝え方には細心の注意が必要です。

頭ごなしに「やましくないなら言ってよ!」と詰め寄っても、ただでさえ億劫な”彼女持ち宣言”をさらに嫌なものにしてしまいます。

それよりも、ちょっと寂しそうに微笑んで「言いたくないのはわかったけど、言ってくれると安心できるな」とお願いしたほうが、彼の気持ちが動く可能性が高いからです。

大事な彼だから、自分にとって最高の彼だから、他の女の子が来ないか心配だ、その気持ちを上手に伝えてみましょう。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み