カップルのお悩み解決所

彼女の飲み会に男友達も参加!彼女との信頼関係を深める方法

2017.8.15

彼女が飲み会に行く時に連絡をくれるのは嬉しいのですが、その飲み会に男友達も参加しているとなると、心配になってしまいます。

彼女のことを信頼してはいますが、お酒を飲んでしまえば間違いが起きるかもしれないので、どうしても不安な気持ちは抱いてしまいます。

そこで男友達も参加する飲み会に彼女が参加していても、彼女のことを信頼するための方法を紹介します。


男友達がいる飲み会に彼女が参加する時でも何も言わずに送り出す

彼女が男友達も参加する飲み会に行く時には、彼氏としては何も言わずに送り出すしかありません。

まず彼氏だからと言って友達との飲み会に行かせないように束縛するのは、彼女との関係にマイナスな影響を与えるでしょう。

彼氏がいるから友達との飲み会に行けないという気持ちが強くなれば、今後ちょっとしたすれ違いがあった時に、真っ先に別れることを考えるはずです。

友達との関係を断ってまで彼氏と付き合ったのに、彼氏と喧嘩をすればすべてを失ってしまうという思いが強くなるので、別れを決意するようになります。

彼氏としても彼女のことを信頼していることを行動で示すには、飲み会に参加する時に気持ち良く送ってあげることが大切です。

もちろん心の中では飲み会に参加して欲しくないという気持ちがあっても、我慢をして行かせてあげましょう。

彼女も信頼されているという気持ちが芽生えれば、自分から裏切るような行動はしないようになるはずです。

彼女の飲み会に男友達がいても信用することが大事

彼女のことを信頼したいのであれば、男友達も参加する飲み会に行ったとしても信用することが大切です。

彼女が自分が信頼されているという思いがあれば、例えお酒の席でも理性を失うことはないので裏切るようなことはしません。

お酒を飲んで間違いを起こしてしまう人は、パートナーのことをそれほど好きだとは思っていないか、良くない関係の時が多いです。

そのため上手く付き合いが続いている時ほど、彼女のことを信用することによって、彼女もその期待に応えようとしてくれます。

変に彼女のことを疑ってしまうと関係が悪化するので、今度は黙って飲み会に行ってしまったりするかもしれません。

彼女としても男友達も参加する飲み会に行くと彼氏に伝えることで、彼氏の反応を見てるのです。

自分のことを信頼しているのか見極めることによって、自分もその期待に応えようと思えるはずです。

男友達がいる飲み会に彼女が行く時は帰る時に連絡してもらう

彼女のことを信頼しているとは言っても、やはり心配になるのは彼氏としては当然のことです。

浮気の心配もありますが夜遅くに帰ることの方が心配になるので、ちゃんと家についたか不安になります。

ただでさえ男友達も参加する飲み会に行くことで心配しているのに、夜遅くまで飲んでしっかり家に帰れたか不安に思いながら過ごさなければなりません。

彼女が逆の立場でも心配する気持ちは分かってもらえるはずなので、飲み会が終わって家に帰る時には、連絡を入れてもらうようにしましょう。

「夜遅くて心配だから、家に帰ったらメールして」と言うだけでも、心配されていると彼女は安心してくれます。

彼氏に連絡しなければいけないという頭があれば理性が働くので、お酒での間違いも起こさないように気をつけるはずです。

彼氏としても連絡が来れば安心できるので、どんなに遅くてもいいので帰る時には連絡を入れてもらいましょう。

彼女が彼氏の気持ちを理解しようと思わなければ何も言っても無駄

いくら付き合っている彼氏が男友達も参加する飲み会に行かないでと言っても、彼女が彼氏の気持ちを理解してくれなければ意味はありません。

誠意を見せて彼氏に飲み会に行くことを伝えたのに、信頼されることもなく飲み会に行くなと束縛されれば、彼女としてもいい気はしません。

友達との関係を悪くしてまで彼氏と付き合ったとしても、彼氏との関係はギクシャクしてしまうでしょう。

すると彼氏に内緒で飲みに行ったりするようになるので、そうなるとどうすることもできなくなってしまいます。

結局は彼女自身が彼氏の気持ちを理解しなければ、関係が悪化するだけです。

付き合っていれば彼氏優先にする人もいれば、友達との関係を大事にしたい人もいるので、彼女の気持ちも理解することは大切です。

じっくりとお互いの気持ちや考えを話し合うことしか解決策がないので、彼女が理解してくれるまで根気よく待つしかないのかもしれません。

自分の気持ちに気づいてもらうまで好きにさせるのも方法のひとつ

男友達も参加する飲み会に彼女が参加していても、彼氏から何も言われない状態はいずれおかしいと気づいてくれるはずです。

彼女が彼氏の気持ちを理解してくれることが大切ですが、彼氏の気持ちよりも自分が楽しむことを優先している時には何を言っても無駄です。

飲み会に行きたいのであれば気をつけて行ってと伝えるだけにして、自分の本音を隠しておくのもひとつの方法です。

いずれ彼女も飲み会に参加するのを飽きてきたリ、彼氏との時間を大事にしたいと思ってくれる時がくるはずです。

その時にははっきりと自分の気持ちを伝えることによって、彼女も今度は彼氏のために尽くそうと考えてくれるはずです。

やりたいことを制限されると人は反発したくなるものなので、彼女の自由にさせてから、タイミングを見計らって気持ちを伝えるようにしましょう。

彼女もきっと彼氏の気持ちに気づいてくれるので、自分から飲み会に行くことを自粛するようになるはずです。

 - 彼女に対するお悩み, 浮気