カップルのお悩み解決所

彼女と別れたい・・!自然消滅を狙うあなたへの4つのヒント

2017.9.4

訳あって、彼女と別れたい。けれど、ハッキリ別れを告げると面倒なことになる性格の相手・・。

ジワジワと距離を開けていき、最後にはお別れ、あなたはそんなシチュエーションを狙っていますか?

別れ話になるとヒステリックになってしまったり、泣いて話にならない彼女なら、そんな選択もありかもしれません。この記事では、彼女との自然消滅を狙うあなたに4つのヒントをご紹介します。


彼女と別れたい ― 自然消滅のメリットとは?

オトコならハッキリしろ!そんな考えの人もいるでしょう。

しかし、現在の状況や相手の性格によっては、『自然消滅』という手段をとるのも一つの手かもしれません。

前述したように、別れ話になるとヒステリックになり話にならなかったり、最悪、暴れてDVに発展するような人も居ます。また、こちらの気持ちはとっくに冷めているのに、彼女はとてもラブラブだと思い込んでいる場合は、別れを切り出し辛いものです。

敢えて自然消滅を狙うというのは、ちょっと卑怯に感じるでしょうか?

相手への優しさのひとつだと思えば、円満にお別れできる方法の一つと言えます。また、自然消滅のメリットとして「別れたい」と思っているあなたが悪者にならずに済みます。彼女の方も、ハッキリ「振られた」という経験としてカウントされないので、破局の傷跡は浅く済むかもしれません。

では、どのように自然消滅へ導く事ができるか、いくつかの方法をご紹介しましょう。

目指せ自然消滅!別れたい彼女とは連絡を控えよう

メジャーな方法として、徐々に連絡を控えめにしていく方法があります。近況報告や雑談などの余計な連絡はしない、相手のメールにも必要最小限の返事で抑えましょう。

このような態度を取っていれば、彼女は、『どうしたんだろう?』と思うはずです。このとき、彼女の性格によって、不審に思ったり、不安に思い悲しんだり、怒ったりと、リアクションは様々でしょう。

このうちどんなリアクションを取られても、あなたは毅然とした態度を貫いてください。「最近の態度は何なの!?」と怒られてつい何度も謝ってしまったり、悲しんでいるからといって埋め合わせのようなことをしてしまっては、元の木阿弥です。

『忙しくて、連絡する余裕が無かった。ゴメン。』このくらいの適当な言い訳を続けましょう。

彼女のほうが、きっちりとした性格なら、「一度話し合いましょう」といわれる可能性もあります。このときは、相手の性格や状況によっては、この良い機会にハッキリ別れを告げてもいいかもしれません。

「冷めたから」とか、正直に理由を告げる必要はありません。『最近忙しくて、これからもなかなかこまめに連絡をすることは難しいと思う。思い切って一旦距離を置こう。』こんな風に告げるなら、彼女も気持ちを切り替えてくれるかもしれませんし、待ちたければ勝手に待つものです。

この「距離を置く」理由も、あまり深く考えず、適当なもので大丈夫です。何か複雑な理由を付けてしまうと、そこを改善すれば良いのね!と思われてしまいます。

ふわふわした適度な理由を付ける事で、改善の余地なし、手が付けられない・・と思わせます。これなら、彼女も諦めたい気持ちになりやすいでしょう。

別れたいのに彼女が家まで来てしまう。そんなときに実行できる自然消滅法は?

連絡を避けて、会う回数も減らす、そんな物理的な方法が通用しないカップルも居ます。

彼女に家の合鍵を渡していて、勝手に家に来てしまうパターンです。自然消滅したいのであれば、『鍵、返して。』とは言えないということでしょう。

また、前の項目のように冷たい態度を取るようにしたら、職場や学校でもますますベタベタ付きまとってくるようになった!なんてケースもあるかもしれませんね。

そのように、一緒に居る事を避けられない状態から自然消滅を狙うなら、彼女に冷めてもらう事が一番手っ取り早いでしょう。

一緒に居ても面白くない、と彼女の方に思わせるのです。

今まで、彼女の話す興味の無い話題にも、よく相槌を打ってあげていたかもしれません。まず、そういったコミュニケーションを希薄にしていきます。こちらからも、話題を振らない。一緒に家に居ても、ボーっとテレビやスマホを見ていましょう。

体の関係は絶対に持ってはいけません。もし、「それだけは我慢できなかった・・」という場合も、終わったらスッ・・と素に戻ります。事後のイチャイチャは、求められても禁止です。

ただし注意すべきなのは、あなたの態度が冷たい事で、浮気を疑われては面倒だということ。もし浮気を疑われると、筋違いのところで言い訳をしなければならなくなります。

また、相手が『彼が浮気していても、反省してくれたらやりなおしたい』と思っている場合、なんとかして関係を修復しようと躍起になるので逆効果です。

ですから、〈態度が変わったのは、他に女が居るとかではなく、貴女にもうときめいていないのですよ〉、というスタンスを貫いた態度に徹しましょう。

時間がかかっても、自然な別れを演出したいとき

時間がかかってもいいから、相手を傷つけず、自分も悪者になりたくない。そんなときに使えるテクニックです。

この場合、相手から誘われたデートや、メールなどの連絡は続けても大丈夫です。しかし、自分からは誘わないでくださいね。

そしてお出かけなどにお付き合いしても、どこかつまらなそうな、上の空・・な雰囲気を保ちます。メールの返信も、大したリアクションはせず、「そっか」「へぇ、いいね」この程度に抑えます。

もし彼女に、「次のデートはあなたが行き先を決めてよ」と言われたらどうすれば良いでしょうか?普通に自分が見たい映画や、ゲームセンターなど、会話をする余地の無い場所にしてみましょう。相手の行きたそうなところにしないのがミソですね。

自然豊かな公園や山など、会話の弾みそうな場所は避けましょう。敢えてそういった場所を選んで無言で過ごす・・のも手かもしれませんが、「何か怒ってるの?」とか、無駄な勘繰りをされても面倒なだけです。

「これは、別れが近いのでは・・」と、彼女に時間をかけて察してもらえれば話は早いのです。

自然な?別れを演出するその他のテクニック

あまり時間をかけたくないけど、自然な別れを演出したいと言うときは、このような作戦はどうでしょうか。

性格の不一致を演出して、相手も悪者にしてしまうのです。ちょっと卑怯かもしれませんが、彼女も、悲しみが残るよりは「あいつと別れてよかった!」とスッパリ諦めてくれるかもしれません。

これには彼女をよく観察する事が大事です。常々思っていた彼女の欠点でも良いですが、彼女の短所を、どうしても受け付けないんだということを打ち明けます。そしてそれをネタに小さな言い合いを繰り返します。ちょっと強引かもしれませんが、手っ取り早い方法です。

自然消滅を狙うにあたり重要なのは、『優しい嘘をつかないこと』。別れると決めたのに、「冷たすぎてちょっとかわいそうかな・・」なんて仏心を出さないようにしましょう。「好きな気持ちは変わらないけど・・」なんてセリフもタブーです。

このような態度を繰り返す事で、相手も、「本当はわたし、彼のこと好きじゃないのかも・・」なんて気持ちに誘導させる事が出来るかもしれません。

 - 別れ, 彼女に対するお悩み