カップルのお悩み解決所

ネットで知り合った彼氏との結婚 馴れ初めの説明での悩み

2017.9.7

ネットで知り合った彼氏と結婚!

とてもおめでたい事ですね。しかし、結婚の報告をすると必ず聞かれる質問は「馴れ初め」です。

ネットで知り合ったというと、ひと昔前の「出会い系サイト」などは、昭和の時代のダイヤルQ2と同じく「体目的」というイメージがあります。そのため、ちょっと古い価値観の人などにそのまんま伝えると何となくドン引きされてしまいますよね。

両親や親戚にドン引きされない馴れ初め話についてご説明いたします。


ネットで知り合った彼氏と結婚!馴れ初め話は正直に言っている?

中々言いにくい人が多いようです。それは女性にその傾向が強いようです。

やはり女性の中には、恋愛馴れ初めランキングが心にあるのかもしれません。ランキングの第一位は、「偶然の出会い」でしょう。例えば何かのアクシデントをきっかけに知り合い、お互い関係を深めていく。映画やドラマにあるパターンです。

第二位は「クラスメイト or 同僚」のようにすでに存在している人間関係から、お互い行為を持ったパターン。ちなみに「店員と客」や「先生と生徒」などのバリエーションもあります。

第三位は「友人の紹介」ですが、ここに合コンを含める人が多いようですね。合コンやナンパあたりだと、少々ガッツいているイメージがあるのかもしれませんので、こういう風に言い換える人が少なくありません。

第四位は、「お見合い」ですね。ただこれは馴れ初めとしては説明しやすいけれど「自分で恋人も探せない」と女子の自尊心を傷つけているようです。若い子は少ないですしね。

さて人気のないのは「ネットで出会った」でしょう。というのも前述したように一時期の出会い系サイトの悪いイメージと、「リアルで恋人も作れない」ように思われるのが嫌なようです。

ネットで知り合った彼氏と結婚する時の馴れ初めを正直に話すメリット

それは嘘がいつかはバレるからです。特に彼氏と言っている事が違えば、簡単にバレます。嘘がバレた時というのは、それこそ死にたい気分になります。

その上、友達にしろ、親にしろ、親戚にしろ、嘘がバレた時は、あなたやあなたの彼氏との出会いに関するイメージが最悪になり兼ねません。だって自分が馴れ初め話を隠すのであれば、「あなたにとって恥ずかしい」という事になるのですから、いいイメージがつきませんよね。

嘘をつく人の多くは「友達の紹介」と説明している事が多いようです。これって便利な反面、突っ込まれるとかなり厳しいものです。何故なら架空の人物を作る事になりますが、それをある程度人間関係を知っている人につく訳ですから、バレる確率が高いのです。

つまり、正直に話すメリットとして、「相手がまっさらな状態で判断してくれる」という事と、嘘をつく辛さから解放される事です。

ネットで知り合った彼氏と結婚の馴れ初めを説明する方法

「ネットで知り合った」と簡潔に説明するから、ネットと言えばひと昔前の出会い系サイトと同一視しているような人に誤解を与えるのです。

しかし、それを長々説明すると逆に疚しい感じがします。正直な所、人の馴れ初め話なんて、ほとんどの人が興味を持ちません。しかし社交辞令的に聞いているのです。

だから、簡潔かつ明確にする事がオススメです。

例えば、共通の趣味がきっかけで知り合ったと言うのであれば、「共通の趣味のコミュニティサイトで知り合った」ぐらいでいいのです。

要は説明する相手に「出会い系じゃないよ」というのが伝わればOKなのですから。ただ知り合うきっかけに面白いエピソードが付いていれば、それを説明してもいいでしょう。

特に年配の人には、ネット用語はよく判らないので、長く説明しても中々理解が得られず、余計説明している方がイライラしてしまう事もあります。

女性の4人に1人はネットで知り合った人と付き合った経験あり

というようなアンケートをとったところ、意外と多くの女性がネットで知り合った人と付き合った経験があるという結果もあるそうです。

つまりネットというのは、出会いの当たり前の手段として認識されている傾向があるという事です。特にここ10年でSNSとはじめとする自己発信手段は豊富にあり、また一時期は専門知識がなければホームページも作れなかった時代は遥か遠くであり、今はスマホ一つで、自分から情報発信をして世界のあらゆる人と繋がれます。

ネットは今や多くの人にとって、人と関わる手段になっているのです。また、顔が見えないという事で本音がいいやすく、それでトラブルにもなりますが、逆にお互いを深く判り合えるチャンスでもあるのです。

だから、もう数年しないうちに女子の馴れ初めランキングでは、「友達の紹介」を超えるかもしれません。なにせネットでの出会いは、自ら運命の相手を見つけたという事で、女子の自尊心をくすぐるからです。

ネットで知り合ったというのは恥じるべき事ではない

前述したように、ネットで知り合ったというとひと昔前の価値観のある人であれば、「出会い系サイト」のようなイメージがありますが、最近はそうではありません。ここ10年でインターネットは更に万人に開かれ、誰でも簡単にアクセスして、情報を発信する事ができます。

つまり、人と知り合う手段として当たり前になっているのです。
下手に自分の馴れ初めを隠すのはデメリットが大きく、メリットが少ない行為です。下手に嘘がバレればその時のダメージは計り知れません。

ネットの出会いに関するマイナスイメージが嫌なのであれば、それに付随してもっと分かりやすく情報を提供しましょう。

例えば共通の趣味がきっかけで、知り合ったのであればその点も含めて説明します。あまり説明が長かったり、判りにくいと、その人の頭には「ネットで知り合った」しか残らないので注意しましょう。

 - カップルのお悩み, 結婚