カップルのお悩み解決所

彼氏から指輪のサイズ聞かれた!彼女に対しての彼氏の心理とは

2017.9.20

彼氏から指輪のサイズ聞かれた時には、結婚指輪を買ってくれるのかとドキドキしてしまうかもしれません。

しかし指輪をプレゼントすると言っても結婚指輪とは限らないので、あまり期待し過ぎてしまうと後でショックを受けることになるかもしれません。

彼氏が彼女に対して指輪のサイズを聞く時は、どのような心理なのでしょうか。


彼氏から指輪のサイズ聞かれた時はペアリングをつけるため

彼氏が彼女に対して指輪のサイズを聞くのは、自分とペアリングをしたいと思っているからです。

付き合っている証としてカップルでお揃いのペアリングをすることによって、付き合っているという実感を感じることができます。

彼女は指輪のサイズ聞かれた時には、付き合いが浅ければペアリングだと想像することができるでしょう。

左手薬指に指輪をするのは結婚している人だけでなく、特定のパートナーがいることの証としてつけるカップルも多いです。

そのため付き合い始めは彼女の指輪のサイズも分からないので、ストレートに聞いて確かめたのでしょう。

もちろん今はペアリングかもしれませんが、将来的には結婚指輪を贈る可能性もあります。

その時にはサプライズで送りたいと思うので、今のうちに彼女の指輪のサイズを聞いておきたいという想いもあるかもしれません。

指輪のサイズ聞かれたとしても彼氏は結婚を考えていない

彼女とすれば付き合いが長くなってから指輪のサイズ聞かれたとすれば、結婚を考えてくれているかもしれないと思うかもしれません。

男性が女性にプロポーズをする時には、サプライズで指輪を渡すこともあるので、普段の生活の中で指輪のサイズを聞いておくこともあるでしょう。

しかし実際は彼氏とすれば結婚指輪ではなく、ペアリングを購入したいと思っている可能性が高いです。

結婚する時に指輪を贈るために指輪のサイズを聞いているのかもしれないと思うと、彼氏に期待してしまうかもしれません。

そのためペアリングをプレゼントされた時には、嬉しい反面ショックを受ける可能性も高いでしょう。

結婚指輪でなかった時のショックからはなかなか立ち直れないですし、結婚まであと数年は待たなければいけないという気持ちになります。

指輪サイズを聞いたからといっても結婚を考えているとは限らないので、勘違いして勝手にショックを受けないように気をつけましょう。

彼氏から指輪のサイズ聞かれた時は良好な関係性だと思える

指輪をすることによって付き合っているという証になるからこそ、彼氏から指輪のサイズ聞かれた時には良好な関係が続いていると思えます。

付き合っているからペアリングをするとは限りませんし、ペアリングを買う時にはほとんど彼氏が全額出してくれます。

安いペアリングでも2つあればそこそこな値段がするので、興味のない彼女に対してプレゼントはしないでしょう。

付き合っている証としてのペアリングは、左薬指につけることによってかなり効果を発揮します。

そのためペアリングをしていると、付き合っているという実感があるので嬉しく思えます。

付き合っていても不安な気持ちはいつでも持ち合わせているので、付き合っているという証があることで不安を払拭することができます。

女性にとって指輪のサイズを聞かれること自体嬉しいことなので、彼氏が自分のことを大切に想っていることを実感できるでしょう。

結婚するならサプライズにするので指輪のサイズを彼女に聞かない

彼氏から指輪のサイズ聞かれた時に嬉しく思う気持ちは分かりますが、結婚指輪かもしれないと期待するのはやめた方がいいでしょう。

彼氏が指輪のサイズを聞くのは指輪を単純にプレゼントしたいと思っているので、サイズが違ったら面倒なことになるのが嫌なだけです。

付き合いの長さにもよりますが、普段から彼氏と結婚の話が出ているのであれば期待できますが、将来の話をしていないのに結婚指輪をくれることはないでしょう。

結婚する気持ちが高まっているのであれば、彼氏と普段から話をすることも多くなりますし、何よりサプライズで指輪を渡したいので指輪のサイズを聞くことはないでしょう。

指輪のサイズを聞かれれば期待してしまうかもしれませんが、プロポーズをするならバレないようにするはずです。

そのため彼女には指輪のサイズを聞かないので、ストレートに聞いてきた時には、ペアリングを買ってくれるかもしれないと思って素直に喜びましょう。

指輪のサイズを聞かれた時にゴールが近い可能性もある

左手薬指に指輪をすることによって、付き合っているという証をアピールすることができます。

ペアリングは付き合い始めのカップルがつけることが多いんで、これから付き合っていくという証につけるのでしょう。

そのため自分たちが指輪をしていないのであれば、指輪のサイズ聞かれた時にはペアリングの可能性が高いです。

ペアリングをしているのに指輪のサイズを聞いてきたい時には、結婚指輪の可能性があると考えるかもしれません。

しかし実際には彼氏は結婚を意識しているのではなく、付き合ってからの記念日のプレゼントとして、指輪のサイズを聞こうとしている可能性が高いです。

理由としてはペアリングを買う時に、指輪のサイズをもう一度確認しておきたいと思っているのかもしれません。

そのため結婚指輪でなかったとしても、近いうちにプロポーズされる可能性もあります。

あまり期待し過ぎると彼氏がプロポーズしないとストレスになるので、彼氏のペースに合わせてじっくり待ちましょう。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み