カップルのお悩み解決所

彼氏との会話が弾まない!電話していても話すことない時の対処法

2017.7.10

彼氏と電話をしていると楽しいですが、話すことないと沈黙が続いたり気まずい雰囲気になってしまいます。

大好きな彼氏とはたくさん話したいと思っていても、電話する頻度が多くなるほど話す内容もなくなってしまうので、電話を切った方がいいのか悩んでしまいます。

そこで彼氏と電話をした時に話すことがなくなって会話が弾まない時の対処法を紹介します。


彼氏と電話で話すことない時は早めに電話を切る

彼氏と電話をしている時に話すことがない時は、なるべく早く電話を切るようにしましょう。

彼氏との電話は楽しいものですが、電話を頻繁にしていると話題も尽きてくるので話すことがなくなります。

一緒の時間を共有していることだけでも嬉しく思いますが、電話で沈黙が続いてしまうと気まずくなってしまいます。

直接会っている時の沈黙は耐えられますが、電話でも沈黙は何か話さなければいけないと思って頭が真っ白になります。

気まずいだけでなくぎこちない関係にもなりかねないので、話すことない時には電話は早めに切りましょう。

毎日電話をしたい理由は彼氏の声が聞きたいだけなので、数分程度の電話にするべきです。

いくら付き合っているからと言っても毎日電話をしていれば話すことがなくなるので、短い時間だけ電話をして早めに切るようにしましょう。

そうすれば気まずい沈黙も無くなりますし、毎日電話しても苦にはなりません。

彼氏と電話で話すことがなければ、話したいことがあるまで連絡しない

彼氏と電話をしても話すことない時は、彼氏に話したいことができるまで連絡をしないこともひとつの方法です。

付き合っていれば毎日電話をして彼氏の声を聞きたいと思いますが、話すことがなくて気まずくなるのであれば、少し時間をおいてから電話をしましょう。

彼氏に話したいことがあるほど会話も盛り上がりますし、彼氏も時間が空けば話題を作ってくれるはずです。

自分は彼氏の声を聞きたいだけだと思っても、彼氏と話す話題がなければ彼氏も気まずい思いをしてしまうでしょう。

話をする話題がなければその日はメールだけにして、話題を作ってから電話をしましょう。

普段から話題作りのために意識していれば、ちょっとしたことでも話のネタにすることができます。

話すことができれば彼氏に電話できると思えるので、意識をして話題作りをすることができるでしょう。

彼氏と電話で話すことない時は共通の話題で盛り上がる

彼氏と電話で盛り上がるには、できるだけ共通の話題を話して盛り上がるようにしましょう。

自分が話したいことだけを話しても、彼氏は聞き役なので大変です。

電話で話をするならお互いが楽しく会話ができることが理想なので、共通の話題を探して話すことを意識しましょう。

電話で話すことないと思った時は二人に共通する友達の話をしたり、今度デートで行きたい場所を決めるなど、二人で話ができる話題にします。

デートで行きたい場所ならばいくらでも意見が言えますし、具体的にデートの日にちを決めるなどすれば、かなり会話も弾むはずです。

二人が意見を言える話や会話をすることで、どちらかが退屈する聞き役に徹することなく楽しい会話を続けることができます。

話すことがなくて気まずい雰囲気になったり沈黙が続いてしまう時は、すぐに共通する話題に切り替えることが大切です。

本当に彼氏に電話したいのか気持ちを整理することも必要

彼氏に電話をしたい気持ちがあっても話すことないと思うのは、本当に彼氏に対して電話をして話したいのか気持ちを整理してみましょう。

付き合っているから彼氏のことは好きでも、付き合いが長くなるほど気持ちに変化が出てくることもあります。

始めは何でも彼氏に話したいと思っていたのに、だんだんと彼氏に話すことがないと感じてきたのは、彼氏に対する気持ちが薄れてきたのかもしれません。

彼氏に対しての気持ちが強ければ、どんなことでも彼氏に話したいと思うはずです。

しかしだんだんと気持ちが薄れてしまたことで、別に話さなくてもいいかと思うようになっているのかもしれません。

まだ好きと言う気持ちはあっても、付き合い当初に比べて彼氏への愛情が少なくなってきた時は注意が必要です。

彼氏に話すことがないと思ってしまうと電話の回数も少なくなり、やがて連絡する回数も減ってしまう可能性もあるので、まずは自分の気持ちをしっかりと整理することが大切です。

自分の気持ちが整理できたら彼氏との付き合いをどうしたいのか考えて、新たな気持ちを持って付き合いましょう。

電話の頻度を減らして直接会うかメールを活用する

彼氏と電話で話すことないと思った時は、電話でなくメールをしたり我慢することも時には必要です。

話すことがなければ早く電話を切った方がいいですし、話し続けても気まずい雰囲気になるだけです。

たまに彼氏に電話ができるから嬉しいのであって、毎日電話をしていれば話すことも無くなってしまい、電話することが義務的になってしまいます。

電話したいからするのであって、毎日電話しなければいけないと思うようになると、電話すること自体が嫌に思えてくるので注意しましょう。

ここまで書いてきましたが、電話で彼氏と話すことないと思った時は、時間を空けたりメールを活用するなど工夫が必要です。

ひとつの考えや行動に捉われずに、自分たちが良いと思ったことを二人で話し合って決めることが大切です。

電話をする適正回数は自分達で決めて、幸せなお付き合いが続くことを願っています。

 - コミュニケーション, 彼氏に対するお悩み