カップルのお悩み解決所

彼氏が指輪をなくした時に彼女がとるべき行動

2017.6.28

カップルの証としてペアリングなど指輪をつけているカップルは多いですが、彼氏が指輪をなくしてしまったら彼女としてはショックです。

指輪を外すシチュエーションはあまりないので、指輪をなくすには何か理由があるはずです。

そこで彼女が怒っても指輪は戻ってこないですし、彼氏との関係も悪くなってしまうでしょう。

そこで彼氏が指輪をなくした時に彼女がとるべき行動について紹介ます。

 

指輪をなくした理由を彼氏から聞いたらあえて何もしない

彼氏が指輪をなくしたと言ってきた時は、理由をしっかりと聞いてあげましょう。

彼氏も指輪をなくしたことで彼女に対して罪悪感を抱いているので、あえて怒らずとも反省はしています。

指輪を外すシチュエーションはそれほど多くはないですが、怒る理由としては浮気をする時に指輪を外すことがあるので疑ってしまいます。

しかし仕事の時には指輪を外さなければいけないこともあるので、まずは彼氏からの理由をしっかりと聞いてあげましょう。

そして理由を聞いた後はあえて何もせず「わかった」とだけ彼氏に伝えましょう。

彼氏は怒られると思っているので、彼女が怒らないことに対して余計不安い思ってしまいます。

その後は彼氏が代わりにプレゼントを買ってきたリご機嫌をとりにくるので、反省をしているとわかれば許してあげましょう。

あえて何も言わなくても彼氏は十分反省しているので、彼氏の自主性に任せて反省させましょう。

なくした指輪が出てくるまで彼氏に罰を与える

指輪をなくすのはそれだけ大事にしていないということなので、彼氏に対してワザと指輪が見つかるまで罰を与えるようにします。

彼氏も指輪をなくして反省しているので、この時に何かペナルティを与えることで、彼氏も言うことを聞いてくれるはずです。

例えばギャンブルをするのが嫌だと思えば、指輪が見つかるまではギャンブル禁止をさせるなど、普段お願いしても聞いてくれないことを罰として与えましょう。

普段なら何も聞いてくれない彼氏でも、自分が指輪をなくしたのが悪いとわかっているので、素直にペナルティを受け入れてくれるはずです。

彼女が普段から彼氏に直して欲しいことがあれば、この機会にお願いすることが彼氏にとってのペナルティとなりますし、必ず守ってもらうように強くお願いすることもできます。

彼氏も何か罰を受けた方が罪悪感も薄れるので、素直に受け入れてくれるでしょう。

彼氏が指輪をなくしたらペアリングをおねだりする

ペアリングは2人でつけているから意味がるので、彼氏が指輪をなくしたら新しいペアリングをおねだりしましょう。

女性にとっては指輪などいくつあっても嬉しいものですし、新しいデザインのものがあれば、つけてみたいと思うものです。

自分にとっては新しい指輪が手に入りますし、彼氏には指輪をなくすと高い代償が待っていることをわからせることができます。

ペアリングの大切さは知っていても、いざ毎日つけていると大切に扱わなくなるものです。

そのため彼氏が指輪をなくして罪悪感を感じている時に、指輪をなくしたらどんな目に遭うかわからせることによって、この後指輪を買ったら大切に扱ってくれるようになるでしょう。

彼氏も罪悪感を感じているので、彼女に怒られた方が気が楽になりますし、彼女から何か要求があった方が罪悪感を感じなくて済みます。

そのため彼女が指輪をおねだりするのは厳しいと思うかもしれませんが、彼氏にとっては指輪をなくしたことがチャラになるなら、新しい指輪を買った方が良いと思っています。

彼氏が罪悪感を感じていればペナルティを与えた方が気が楽になる

指輪をなくしたことによってショックを受けるのは彼女だけではなく、彼氏もショックを受けていることでしょう。

まさか自分が大切な指輪をなくすとは思っていないので、彼女に対して申し訳ない気持ちでいっぱいなはずです。

彼女に怒られるのは当然覚悟していますが、逆に怒られないことによって彼女が自分への愛情がなくなったと感じてしまうかもしれません。

彼女としてはなくしたものは仕方がないと思っていても、彼氏の心情としてはペナルティを受けた方が気が楽だと思っています。

そのため彼女が優しさで「気にしなくていいよ」と言っても、彼氏はその方が罪悪感を感じ続けてしまいます。

指輪をなくした時に彼女の優しさで気にしないでと言うのではなく、逆に何か要求した方が彼氏の気持ちもスッキリします。

彼氏が罪悪感を引きずらないようにするためにも、ペナルティを課して彼氏の反省してもらうようにしましょう。

指輪をなくしても愛は変わらないという広い心を見せつける

彼氏が指輪をなくしてしまった時に、彼女の態度によって彼氏は猛省をすることになります。

怒られるのは覚悟していますし反省もしていますが、彼女が指輪をなくしたことを怒るのではなく、気にしなくていいというような素振りを見せた方が彼氏にとって怖いと感じます。

彼女は指輪がなくなっても彼氏のことを愛しているという広い心を見せるチャンスですし、彼氏も自分で反省して彼女のご機嫌をとろうとするはずです。

怒らないことが彼氏にとっては何よりも怖いので、指輪をなくしたことに怒らないで効果的な方法をとりましょう。

ここまで書いてきましたが、指輪をなくしたことで彼氏も相当なショックと反省をしているはずです。

言葉で怒らなくてもしっかりと伝わっているので、彼女は広い心を見せて自分の立場が有利になるように仕向けましょう。

最後まで読んでくれた方も指輪をなくして焦った経験があるかもしれませんが、指輪をなくした時の対応を上手くして、より良い関係を築蹴るように願っています。

 - 喧嘩, 彼氏に対するお悩み