カップルのお悩み解決所

告白されて困っている人必見!上手な返事の方法はメールでも可能です!

2017.7.11

誰かに告白されることは、とても嬉しいですよね。

スマホが普及してからは、LINEを交換をする人が増え、LINEで告白する人も増えています。

LINEだけじゃなく、他の連絡アプリやメールなどで告白をされたときは、表情を見ることが出来ないので、返事に困りますよね。

表情を見ることが出来ないため、返事で誤解をされてトラブルに繋がることもあるのではないでしょうか?

今回は、「メールで告白された時に上手に返事する方法」についてお話しますね。


告白メールの返事は、表情が見えないからこそ、慎重に!

メールでの告白は、告白をする勇気がない人や、中々会うことが出来ない人がよくする告白方法です。
しかし、中には、気軽に告白出来るからと、軽い気持ちの人もいます。

直接、目の前で告白された場合は、表情や仕草から、本当に好意を寄せてくれているのかを見極めることが出来ます。
しかし、メールの場合は表情や声の雰囲気などを見たり感じることが出来ません。
そのため、告白してきた相手がどういう人なのか、慎重に考える必要があります。

また、相手の表情を見ることが出来ないのは、告白してきた相手も同じです。
とても申し訳ないきもちだったとしても、メールの文章が「ごめん」だけだと、相手はぶっきら棒に断られたと勘違いする可能性もあります。

相手の表情が見れないのは、自分だけではありません。
相手も自分の表情を見ることが出来ないため、誤解をさせてしまう可能性があります。
メールで告白されたときや、返信するときは、表情が見れいないからこそ、慎重に行いましょう。

好意のある人から告白をされた場合、メールの返信は可愛くしましょう!

付き合ってもいいかな?と思う相手から告白された場合の返信は、わかりやすいのはもちろん、可愛い文章にしてみましょう。

可愛い文章と言うのは、相手が「いい子だな」と思える文章です。
乱雑に小文字を使うなどではなく、挨拶やお礼、気持ちなどを素直に伝えることです。
可愛さを重視しすぎて、絵文字が多すぎたり、日本語が変だったり、無理をし過ぎるのはやめましょう。
下手に頑張ると、「印象と違ってた」と嫌われる可能性があります。
以下は、例文です。

おはよう♪
○○君から告白されると思っていなかったから、びっくり!
私も、○○君が好きだから嬉しいよ、ありがとう♪
照れくさいけど、よろしくね。

ポイントは、照れくさいけど嬉しいと思ったなど、感情を含めることです。
また、自分も好きであることを伝えると、相手は更に喜んでくれますし、誤解が生まれにくくなります。

どう返していいか悩んで、「ありがとう」だけになったり、返事のしにくい内容にならないように気をつけてくださいね。

告白メールに悩む…返信に悩んでいる場合の返事の方法

告白されて嬉しいけど、本当に付き合っていいのか悩んでいる場合は、返信に悩みますよね。
時間を掛け過ぎると「返事なしで振られた」と勘違いされますし、返事の方法を間違えると告白がなかったことになるかもしれません。

もし、交際について悩んでいる場合は、素直にそのことを伝えることがポイントです。
受験や環境の変化で忙しいことが原因の場合は、以下の例文を参考にしてみてください。

おはよう!
○○君に告白されて、とても嬉しい、ありがとう。
でも、今、新しいバイトでとても忙しいんだ。
大事なことだから、しっかり考えたいんだ。
だから、少しだけ待っててもらえると嬉しいな。

ここで大事なのは、「考えたいから待っててほしい」と言う事を伝えているところです。
考える時間がない理由と、考えるために待っててほしいと言う事は、必ず返事をする際には入れておきましょう。
相手に「考える時間が欲しい理由って?」「忙しいから無理ってこと?」と誤解させないために、気をつけてくださいね。

告白を断りたい!メールの返事でトラブルにならない方法

告白メールで一番困るのは、断る時ですよね。
断ると、その人との関係が切れてしまい、中には「振ったから」と意地悪をされる場合もあるようです。
切れてしまうだけなら良いですが、意地悪などトラブルになると面倒ですよね。

メールだったとしても、告白はとても勇気のいるものです。
失敗したことへのショックは、好きだった気持ちと比例しています。

告白メールで断る時の返信のポイントは、相手の勇気と謝罪の気持ちを大切にすることです。
相手が勇気を出して告白してくれたことは、好みじゃなかったとしても感謝をしましょう。
そして、振ってしまうことでショックを与えてしまうので、謝罪も重要です。
また、断るのが面倒や、断り方が分からないから「考えさせて」や放置することは、思わせぶりになるので絶対に止めましょう。

以下は、断るときの例文です。

おはよう。
告白してくれて、ありがとう。
でも、今は恋愛は考えていないんだ、ごめんね。
これからも、○○君とは友達でいれると嬉しいな。
明日も学校だね、分からないことがあると聞くかも?
その時はよろしくね(^^♪

ここで重要なのは、断る理由をしっかり伝えることです。
彼氏がいる場合は、断りにくいと思いますが、相手が傷つかないように説明をしましょう。
友人に告白された場合は、翌日から気まずくなりますよね。
しかし、1番気まずいの告白した相手なので、気まずくならないような工夫をメールにも添えてあげると良いですよ。

告白メールの返信は、表情が見えないからこそ礼儀が必要

告白メールは、相手の表情を見ることが出来ません。
しかしそれは、相手も一緒なので、返事は慎重に行う必要があります。

文章のみで、相手に誤解されずに自分の気持ちを伝えるのは、とても難しい事です。
とくに告白の場合は、誤解をされると今後に影響する可能性が大いにあります。
相手の文章がどんなものであれ、行動に移すことに悩んで、勇気を出したことに気づいてあげてくださいね。

返事の方法がどんなものであっても、挨拶やお礼、自分の気持ちなど、礼儀はとても重要です。
気軽に返信する仲だったとしても、気軽に返している文章の中には礼儀を含むように心掛けましょう。

告白メールは返すのに悩みますが、放っておくとトラブルになる可能性もあります。
告白されたときは、自分の気持ちを大切にして、相手を傷つけたり誤解を生まないような文章で、気持ちを伝えましょう。

 - 告白に関するお悩み