カップルのお悩み解決所

彼氏がストーカーになった!怖いと思った時にできる事とは

2017.7.11

付き合っている彼氏の愛情表現が怖いと思うようになり、いつの間にかストーカーのように変わってしまうと早く別れたいと思うでしょう。

しかしストーカーと化した彼氏は何をされるかわからないので、ヘタに一方的に別れを切り出してもストーカーされるだけです。

そこで彼氏がストーカーになって怖いと感じた時に、自分ができることについて紹介します。


彼氏がストーカーになって怖いと思ったら二人きりにならない

付き合っている彼氏がストーカーのように思えてきたら、態度に出す前になるべく会う機会を減らすようにしましょう。

彼氏としては彼女の事が好きだからこそ、行き過ぎた愛情表現をしてしまうのかもしれません。

しかも彼氏だから彼女に対して何をしても大丈夫だという安心感から、自分の愛情表現が次第に変な方向に行ってしまうのかもしれません。

彼女としては彼の行き過ぎた愛情表現が怖いと思った時は、理由をつけてなるべく会わないようにしましょう。

彼氏がストーカーかもしれないと気づいた時は、自分ではどうすることもできないことが多いです。

しかし付き合っている時は彼氏も彼女の言うことを聞いてくれるので、嫌だと思ったことははっきり言うことも時には必要です。

それでも彼氏に対する愛が薄れて怖いという存在になったのであれば、なるべく会わないで様子を見るようにしましょう。

彼氏のストーカー行為が怖いと思ったら警察に相談をする

彼氏があきらかにストーカー行為をするようになって怖いと思ったら、迷わず警察に相談をしに行きましょう。

基本的には警察は何かあってからでないと動いてくれませんが、ストーカー行為に関しては相談に乗ってくれることは多いです。

傷害事件などが起こってからでは遅いので、警察に相談するといろいろと対策を教えてくれるので、アドバイスを聞けば少しは安心します。

しかし付き合っている時は痴話喧嘩やカップル同士のいざこざとなるので、彼女が別れたいのに別れてくれないというはっきりとした意思を示すことが大切です。

別れたいのに彼氏が家まで押しかけたり、道端で待ち伏せをしているなどのストーカー行為があれば、警察も相談に乗ってくれでしょう。

ストーカーされている時に警察を呼べば彼氏に注意してくれますし、何度も注意を聞かないようならば、自分の番号を警察に登録してくれるので、すぐに警察が駆けつけてくれます。

ストーカーはいつ何が起きるかわからないので、怖いと感じたらすぐに警察に相談に行きましょう。

彼氏でもストーカーになれば怖い存在なので会わないようにする

付き合っている彼氏がストーカー行為をするようになって怖いと感じたら、付き合っていても彼氏とは会わないようにしましょう。

二人きりにならないことはもちろんですが、できれば自分の居場所もわからないようにすることが必要です。

ストーカーをされるようになれば当然別れを決意しているはずですが、なかんか彼氏は別れてはくれないかもしれません。

女性にとって怖いと感じた男性と一緒にいるのはとにかく気持ち悪いと思うので、普段から会わないように行動パターンを変えることも必要です。

本気で会いたくないと思ったら引っ越しをすることが一番の方法です。

引っ越しをしてから電話などの連絡先もすべて変えることで、彼氏から逃げることができます。

ストーカーになったとは言ってもしつこく追いかけてくる人は稀なので、まずは自分でできる対策として、彼氏の前から姿を消すことを考えましょう。

友達に協力をしてもらって一人にならないように気をつける

ストーカーになってしまった彼氏はいつどこに現れるかわからないので、余計に怖い存在に感じてしまいます。

そのため彼氏と完全に別れることができるまでは、友達の力を借りることも考えましょう。

できるだけ一人にならないことが大切ですし、誰かがそばに居てくれるだけで安心することができます。

できれば友達に泊まりに来てもらったり、自分が友達の家に泊まりに行くなどして、一人でいる時間を少なくするようにしましょう。

彼氏がストーカーまがいの行動に出ると、どこかで待ち伏せをすることも多いですし、家の周辺に来る可能性も高いです。

安心できる時間がないので、友達に協力してもらうことで彼氏もヘタに手を出すことができなくなるでしょう。

自分が思っているよりもストーカーになってしまった人は何をするかわからないので、一人で悩まずに友達に頼ることも必要です。

ストーカーから逃げるには周囲の助けが必要

付き合っている彼氏がストーカーまがいの行動をとるようになって怖いと感じたら、自分一人で悩まずに周囲の人に助けを求めましょう。

友達や警察など相談できる場所を積極的に活用し、自分だけで何とかしようと思わないことが大切です。

彼氏と言えどもストーカーになれば何をするかわからないので、身の危険を感じてからでは手遅れになる可能性があるからです。

ここまで書いてきましたが、ストーカー行為をするようになってしまった彼氏は、彼女への愛がいつの間にか歪んだ方向に行ってしまったのでしょう。

好きな気持ちが違った愛情表現になってしまっただけですが、ストーカーになってしまうと身の危険を感じなければならないので、すぐにでも周囲に助けをお求めるようにしましょう。

最後まで読んでくれた方も彼氏がストーカー行為をするようになってしまった時は、できるだけ大事にすることで彼氏もストーカー行為を止めてくれるかもしれません。

上手く周囲の人に助けてもらって状況が良くなることを願っています。

 - トラブル, 彼氏に対するお悩み