カップルのお悩み解決所

高校は卒業した方がいい!結婚したいと退学して後悔する事

2017.9.14

恋愛をすると周囲の意見を聞けなくなってしまうことも多いですが、高校を退学してまで結婚したい願望が強くなると手が付けられません。

周囲の意見を無視して自分たちのやりたいようにしても、結局は後で後悔することも多いので、自分たちが甘かったと反省するでしょう。

そこで高校を退学して結婚して後悔することについて紹介します。

高校を退学して結婚しても就職先を選べる範囲が狭い

高校を退学して結婚して後悔することは、仕事の就職先を選べる範囲が狭いことです。

子供の有無にも関係してきますが、女性ならば16歳から結婚することができます。

しかし働ける場所と言えば多くは18歳以上の所が多いですし、学歴や資格を必要とした仕事に就くためにも、高校は卒業しておかなければなりません。

資格取得をするのも高校の学歴は最低条件になっていることも多いので、就きたい仕事に就けないことを改めて実感するでしょう。

若くして働くことになっても、就職先がないのでできる仕事は限られていますし、収入も少ないので生活も大変です。

また子供ができたとすれば子育てを頑張らなければいけないですが、子供を預けて働きに出る時も学歴の壁に阻まれて働けない仕事もたくさんあります。

社会で働くにはある程度の学歴は必要とされていることを、高校を退学してから知らされることになります。

結婚するために高校を退学しても将来の保証は何もない

男女の恋愛がピークに達した時には、お互いが結婚したいという願望が強くなる時です。

その時が自分にとってたまたま在学中だったというだけなので、強い結婚願望によって高校を退学することを決意してしまいます。

当然親や周りにいる人からは反対されますが、二人の恋愛にはどんな忠告も耳に入らないでしょう。

いざ結婚して感じることは、旦那の稼ぎだけでは当然生活も苦しいですし、自分も働きに出なければいけないということです。

しかし中卒で働ける場所は限られていますし、結婚したからといって将来に何の保証もないので急に不安を感じるようになります。

結婚してずっと養ってもらえればいいのですが、中卒の自分が仕事を探しても、良い収入を得るのは大変なことです。

旦那の給料が安ければ生活も不安ですし、結果別れてしまうことになれば路頭に迷ってしまう可能性もあるでしょう。

結婚は何の保証もないことなので、せめて高校を卒業して学歴を残しておけば良かったと後悔してしまいます。

高校を退学してから結婚しても離婚する可能性も考えておく

高校を退学してまで結婚したいと強く望んでいる時はいいのですが、いずれその強い愛情が冷めてしまうこともあるのが男女の恋愛です。

高校を退学してしまったことで自分は中卒の学歴のままですが、旦那がしっかりと稼いでくれればパートでも問題ないでしょう。

子供が生まれれば生活が苦しくても幸せな家庭を築けますが、いつまでも幸せな家庭でいられるとは限りません。

もしも離婚してしまった時のことを考えると、自分の人生がそこで終わってしまうかのように思えてしまいます。

中卒の学歴で働ける仕事は少ないですし、若くして働いても貯金はそれほど貯まっていないでしょう。

子供がいれば尚更お金に困ってしまいますが、そこで離婚してしまったら、子供を養うために安い収入で生活しなければなりません。

離婚することで一気に生活が困窮してしまうことも考えて、自分一人でも仕事ができるように、高卒までは最低でも学歴を取っておきたい所です。

結婚する時の恋愛感情だけでは済まされないことも多い

結婚は本人同士の気持ちが大切ですが、好きだからといってすぐに結婚できるものでもありません。

結婚は本人たちの気持ちだけでなく、家同士がくっつくことなので大きな意味を持っています。

家と家とがくっつくことが結婚なので、本人だけでなく親戚一同からも祝福されることが望ましいです。

しかし高校を退学して結婚することを決意したとしても、両家の人たちは納得しないでしょう。

せめて高校を卒業してから結婚しろと言うのが普通の大人の人の考えなので、どちらの親戚も同じ意見なはずです。

しかし人の意見が耳に入らない状態となっているので、家同士の大きな儀式である結婚を軽く考えているのかもしれません。

若いからこそ勢いで結婚することはありますが、祝福されない結婚ほど辛いものはありません。

結婚してしまえば仕方なく祝福してくれますが、自分が大人になってから冷静になって思い返すと、バカなことをしていたと思い返すかもしれません。

高校だけは卒業したかったと後悔する人が多いことを理解する

高校を退学して結婚する道を選ぶことは本人たちの自由ですが、結果としては高校を退学して結婚したことを後悔することになるでしょう。

結婚は勢いですることもありますが、高校を退学してまで結婚するのは無謀とも言えます。

大人として考えた時に二人だけで生活していくのは難しいので、親の力を借りることになるでしょう。

子供が生まれれば尚更親に頼ることになるので、結局は自分たちが結婚したいというわがままによって、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

親だから迷惑を掛けても仕方ないと思いますし、親も迷惑だとは思っていないかもしれません。

しかし世話になっているということはまだ子供という意識がありますし、子供が子供を育てることはとても困難なことです。

何とか生活することができるのは親のサポートがあるからなので、自分たちだけで生活するのはかなり厳しいと言ってもいいでしょう。

結婚したいと想える相手と出会えたことは幸せですが、高校を退学してまで結婚を選んでも、後で後悔してしまうことが多いことは理解しておきましょう。

 - カップルのお悩み, 結婚