カップルのお悩み解決所

彼氏と高校が離れると別れやすくなる?付き合い続ける極意を紹介!

2017.9.29

大好きな彼氏とは、ずっと一緒にいたい!――そう思わない女の子はいません。

ですが、進学先の高校が異なり、離れることになってしまうことも、少なくないことです。

そうなると、今後の彼氏との仲が気になって仕方がないでしょうし、不安で堪らないのも当然のこと。

実際、高校進学で離れることになった場合、彼氏との仲を続けていくことは出来るのでしょうか?

高校が彼氏と離れると別れやすくなる 残念ながらそれは事実!

ずっと一緒にいようね、と約束したのに、高校進学で彼氏と離れ離れになる。

そうなった時、付き合い続けられるカップルというのは、残念なことですが、とても少ないと言わざるを得ないのが実情です。
 

何故なら、高校生という時間は、男女ともに精神的に、大きく成長する時期だからです。
 

小学校から中学校時代というものは、ごく限られた地域の中の同年代の人が自動的に集められた場であるケースが多いのに対し、高校は、学力や能力で分かれています。

これは、今まで自分を取り巻いていた”世界”より、ずっと広い”世界”に触れ、多くの人と知り合う機会が増えることを意味します。

そうした出会いの中で人は成長していくため、いつの間にか、好き合っていた恋人同士でも、考え方・感じ方に差が出てしまい、結果として別れを選ぶ――というのが、この理由です。
 

と、ここでショックを受けないようにして下さい!

別れることになるカップルが多いとは言え、離れることになっても付き合い続けることが出来るカップルは、決してゼロではありません!

彼氏が高校が離れると、気持ちまで離れる… その本当の理由とは

まず、中学〜高校生カップルでの別れの原因について見てみましょう。
 

一番多いのは、どちらかに別に好きな人が出来た、というケースでしょう。

続いて、お互いの生活時間が合わなくなったため、考え方の違いが出てきたため、という理由が続きますが、ここで無視できないのが『相手からの執着心が強すぎて嫌になった』というものがあるという点です。
 

特に、女の子側からすれば、彼氏は誰よりも格好良い男の子に見えるのですから、彼が高校生活の中で、誰か別の女の子と仲良くなってしまうのでは…と不安に思うもの。

が、この”嫉妬”こそ、彼の心をあなたから離れるきっかけになりかねないことを、十分理解しておかなければいけません!
 

「でも別れの理由のトップが”別に好きな人が出来た”なんだから、矛盾してる!」と思うでしょう。

しかし、実際のところ、男の人というものは、自分の身が潔白な時に疑いを持たれると、その気持ちを非常に疎ましく思うものなんです。

「俺は全く浮気なんてしてないのに、疑ってくるのか」

こうした気持ちが失望に繋がり、結果として気持ちが離れる原因になる…という仕組みです。

高校が離れることが彼氏の気持ちが離れる本当の理由ではない

勿論、彼氏の方も、高校で離れる彼女のことを、全く心配していないわけではありません!

むしろ、彼氏の方から見ても、あなたが一番可愛い女の子だと思っているのだから、不安に思っているでしょう。

しかし、女の子と違って男の子は、嫉妬心を出すことを格好悪いことだと思っていますし、彼女の前では強がって見せたいと思うものです。
 

ですから、わざと嫉妬を誘うような言動をしたり、「私のことを心配してくれないの?」という質問をぶつけられると、やはりあなたに対する失望に繋がってしまいかねません。
 

そうして心が離れだしたところに、新しい出会いがあった時が一番危険です。

人間というものは、一緒の時間を過ごす時間が長い人に対して、敵意より好意を持とうとする本能があります。

それがいつか恋愛感情になり、「他に好きな人が出来た」という状況になってしまう――こうしたケースが、実はとても多いのです。
 

これを踏まえ、高校進学で離れることになったカップルが、その後も付き合い続けるための極意はというと、ズバリ『相手を信用する』、この一言に尽きるのです!

別々の高校にいる彼氏には、言葉を上手に使って気持ちを伝えて!

間違っても、離れることに対して不安だと思うな、という話ではありません。

離れれば不安ですし、連絡がすぐに返ってこなければ不安になるし、何日も会えないと苦しいほど不安になる。

それは恋をしているのですから、当然です!

でも、その苦しい気持ちをそのまま真っ直ぐ、彼氏にぶつける方法だけは、取らないようにしましょう。
 

「何で連絡くれないの!?浮気してるんでしょ!」と言われて、いい気がするわけがありません。

そんな風に詰め寄るより「○○君は素敵だから、連絡が貰えないとやっぱり不安になるな」と伝えるほうが、彼氏の気持ちをぐっと惹きつけてくれます。
 

また、彼氏の行動を逐一報告させるなど、相手を束縛するようなことを求めるのもNGです。

彼氏が自発的にしてくれるならまだしも、「部活が終わったらすぐ連絡して!」と義務のようにしてしまうと、男の子は締め付けが苦しく感じてしまうからです。

彼氏が連絡をくれたなら「遅くまでお疲れ様!」とまず労ってあげるなど、言葉を上手に使いましょう。

離れていても一緒に成長できる それが10代の恋愛の醍醐味!

離れている間も相手を信用することは、とても難しいことです。

実際、もっと大人になってからの恋愛でも(そして結婚してからも)このお互いに対する信用が、カップルの生命線の多くを占めているといっても過言ではありません。

相手に対する信頼の度合いが、カップルの絆の強さに比例していることも、是非覚えておいて下さい。
 

そして、会えない時間は、是非自分の高校生活を充実させましょう。

彼氏が彼氏の世界を広げている間、自分は何もしないなんて、それこそ時間の無駄というものです!

部活に打ち込んだり、勉強を頑張ったり、バイトを始めるのもいいでしょう。

そして、二人のデートの時には、彼氏に思い切り甘えたり、逆に甘えられたり、自分達がそれぞれ新しく広げた世界を、二人で共有するようにしてみたりと、”二人の世界・価値観”も成長させていきましょう。
 

隣にいる時間が短くても、気持ちはちゃんと繋がっていて、一緒に成長できている――それが楽しい!と思い合えるかどうか、高校生の恋愛です。

是非、これから先も付き合い続けられるよう、彼氏のことを信用してあげましょう。

 - 別れ