カップルのお悩み解決所

飲食店の経営者と結婚すると大変?仕事への理解と現実をご紹介

2017.10.22

飲食店の経営者と結婚することは思っているよりも大変なことが多いですが、経営者という立場なので結婚したいと憧れる人も多いでしょう。

実際に飲食店で働くことは大変ですし、人気商売でもあるのでずっと繁盛させることはかなり難しいといえます。

そこで飲食店の経営者と結婚することの大変さやリスクについて紹介したいと思います。

飲食店の経営者と結婚したいなら婚活を利用するのがおすすめ

飲食店の経営者と結婚したいという人には、婚活を利用することをおすすめします。

普段の生活の中で飲食店の経営者と知り合う機会も少ないので、自分で立ち上げるしか経営者の妻となることは難しいでしょう。

そのため婚活を利用することによって、ピンポイントで飲食店の経営者を探し出すことができるのでおすすめです。

また婚活を利用することのメリットとしては、飲食店の経営者は多忙なので婚活を利用する人が多いということもお勧め理由のひとつです。

経営者といっても飲食店は大小さまざまなお店があるので、小さなお店の経営者だと自分ですべてをやらなければなりません。

そのため経営者としての仕事と同時に、お店の仕事もあるので多忙を極めることになります。

仕事をしていると出会いも少ないので、経営者の人は婚活を利用することが多くなるため、経営者と結婚したい人には婚活がおすすめです。

飲食店の経営者と結婚する事は規模によって生活は大変になる可能性も

飲食店の経営者と結婚したい人にとって、お店の規模によっては生活も大変になるので注意が必要です。

飲食店はお客さんに飽きられたら終わりなので、常にアンテナを張って仕事を頑張り続けなければなりません。

経営者といっても小さなお店では個人事業主と同じなので、自分で働かなければなりません。

小さな会社を立ち上げてチェーン展開をしても、お店に規模によっては余計大変になるので、結局は経営者自ら仕事をしなければなりません。

飲食店の経営者と結婚すると自分のお店を何とか守るために、必死で働かなければなりません。

そのため結婚したことによって自分もお店を手伝うことになりますが、時給換算するとかなり少なくなることもあります。

お店が潰れてしまっては意味がないので、経営者と結婚することは大きなリスクがあることを承知で結婚することも必要です。

飲食店の経営者が店に出ていれば結婚することで仕事量は増える

飲食店は人気商売のひとつでもあるので、繁盛させるためには人気を常にキープしなければなりません。

飲食店の経営者といえどもお店に出て仕事をするので、結婚することで自分も仕事をすることもあると思います。

元々飲食店で働いた経験があれば問題ありませんが、経営者の妻となれば時給で働くことはできません。

人手が足りなければずっと働かなければなりませんし、お店を繁盛させるためにアイデアを考えることも必要です。

経営者の妻として信頼されるには、自分が一番働いている姿を見せることがおすすめなので、自然と仕事量も増えていくでしょう。

経営者の妻になれば収入も多くなって楽な生活ができると思ったのであれば、まったく逆な生活をすることもあるので注意しましょう。

結婚した後に気づいても遅いので、経営者といえども大変な仕事ですし、自分も仕事量が大幅に増える可能性もあることを覚悟しましょう。

大手チェーン店の経営者と同じに考えるとギャップに苦しむ

大手の飲食店経営者をイメージして結婚しようと思うと、実際の生活とのギャップに苦しむことになります。

お店が繁盛するにはかなりの努力が必要ですし、いつまでもずっと安泰でいられるとは限りません。

常にお店にお客さんを呼ぶために働かなければいけないので、大手の飲食店をイメージするとかなりのギャップを感じるでしょう。

小さいお店は経営者自らホールに出るので、普通のアルバイトに比べると仕事量も多くなります。

お店のことは店長に任せて自分は他のことをすればいいという考えていると、現実との違いに戸惑ってしまいます。

経営者の妻となれば一番働かなければいけないので、覚悟を持って結婚することも問われます。

今の自分の仕事も辞めなければいけなくなるかもしれないので、結婚する前にしっかりとシミュレーションしておくことが必要です。

経営者の妻として多忙な仕事を理解する必要がある

経営者のイメージは自分で必死に働くよりも、誰かに任せてゆったりと過ごしているイメージの方が強いかもしれません。

そのため飲食店の経営者と結婚することで、自分も優雅な生活が送れることをイメージするかもしれませんが、実際は真逆な生活となることが多いです。

飲食業界は人手不足も深刻ですし、ちょっとでも人気がなくなるとすぐに売り上げに響いてきます。

そのため経営者自ら働くことによって人件費を浮かせたり、お店の悪い部分をチェックして対応することができます。

飲食店の経営者の妻となれば同じようにお店に出て働いて、従業員との距離を縮めることが求められます。

妻の方が従業員との距離を縮めやすいですし、仕事の相談も受けやすいでしょう。

そのため経営者の妻は仕事量も多くなりますし、従業員へのケアも必要とされるので、重要な役割を担うことになります。

経営者の妻は楽ではなく大変な仕事になるので、仕事にも覚悟を持って結婚することが求められます。

 - カップルのお悩み, 結婚