カップルのお悩み解決所

航空自衛隊のパイロットと結婚する方法と注意するべきこと

2017.10.26

航空自衛隊のパイロットはやりがいのある仕事と共に、責任ある仕事として重要な任務に就くことになります。

航空自衛隊のパイロットと結婚するにはそれなりの覚悟が必要となるので、結婚を考えている人にとっては心構えも必要不可欠といえるでしょう。

そこで航空自衛隊のパイロットと結婚する方法と、結婚してから注意するべき事について紹介します。

航空自衛隊のパイロットとの結婚は婚活がおすすめ

航空自衛隊のパイロットは自衛隊員としての仕事なので、危険を伴う仕事となります。

国を守る重要な任務につくこともあれば、災害時には救助をするなど、過酷な現場にも派遣されることもある仕事です。

そんな航空自衛隊のパイロットは日々過酷な訓練を行いながら待機しているので、休日もゆっくりとることができないことはよくあります。

そのため航空自衛隊のパイロットと結婚したいと考えている人は、婚活を利用して知り合うことをおすすめします。

航空自衛隊のパイロットはゆっくりと恋愛している時間はないので、婚活を通じてパートナーを見つけることが多いといわれています。

実際に身近に航空自衛隊のパイロットを見つけることは難しいので、婚活を上手く利用することで結婚相手として出会うことができるでしょう。

限られた時間の中で効率よく出会うには婚活がおすすめなので、上手く活用して出会いを求めましょう。

航空自衛隊のパイロットと結婚する時はリスクを考えておく

航空自衛隊のパイロットとの結婚をする時に考えておくべきことは、危険な仕事に就いているということを認識することです。

仕事といえば給料が良くて安定性のある仕事を望む人も多いですが、自衛隊の仕事は危険を伴う過酷な仕事です。

航空自衛隊のパイロットになれば災害時に派遣されたり、国を守るためにスクランブル発信をするなど、様々な任務が課せられます。

仕事で命の危険があることを理解しろといわれても、普通の人には想像することはできないでしょう。

身近では警察官や消防署員など、緊急時に活躍してくれる仕事は命の危険がある仕事として感じられます。

自衛隊の仕事はそれよりもさらに過酷な状況の時に仕事をしなければいけないので、結婚する時にはリスクについてしっかりと考えておくべきです。

考えたくないかもしれませんが、万が一のことがあることも理解して結婚しなければなりません。

結婚相手として航空自衛隊のパイロットを選ぶと会えない時も多い

結婚相手として航空自衛隊のパイロットを選んでしまった時には、普段からなかなか会う機会も少ないでしょう。

付き合っている段階でも会う機会少ないのは理解できますが、災害が発生すれば出動しなければなりません。

自衛隊員としては自分の家族よりも任務を優先しなければならないので、一緒にいて欲しい時に仕事に出掛けてしまうことも考えておくべきです。

普段から厳しい訓練をしていなければならないので、会える頻度も少なくなります。

いつでも緊急時に備えておかなければいけないので、気軽に遠くに遊びに行くことも難しいでしょう。

結婚するのであれば仕事を理解しておく必要がありますし、自衛隊員として働き続ける以上は、自衛隊員の妻として気丈に振る舞わなければなりません。

普段から会えないことも覚悟した上で結婚しなければいけないことを理解しましょう。

自衛隊との結婚は万が一のことを考えなければならない

航空自衛隊のパイロットとしての任務は過酷なものが多いので、ひとたび任務につけば命の危険を伴うこともあります。

災害時や国防のための仕事をするので、結婚する時には仕事を理解しておく必要があります。

また航空自衛隊のパイロットは死と隣り合わせの仕事でもあるので、万が一のことを考えておくことも必要です。

航空自衛隊のパイロットでは一時期死亡率が5%近くになるともいわれており、厳しい環境でも仕事をしていることが予想されます。

万全態勢で任務についていても、何らかのトラブルによって命を落としてしまうことはあります。

そのため身体的な検査も厳しくされていますし、少しでも危険と判断されればパイロットとしての職を失うことになります。

それほど準備万端にしても死のリスクと隣り合わせの仕事なので、万が一のことを考えておくことも必要となります。

航空自衛隊のパイロットは途中で部署が変わることもある

航空自衛隊のパイロットは常に万全の状態でなければ職を全うすることができないので、少しでも検査に引っかかればすぐにパイロットの職を失うことになります。

結婚した当初は航空自衛隊のパイロットとして活躍していても、数年後には違う部署に行くことはよくあります。

パイロットとしてずっと一線で活躍することは難しく、それだけ過酷な環境なので、常に万全な体制でいなければならないのです。

少しでも機体に不備があったり、体調に問題があるまま任務をすれば、即命に関わる問題となるのでリスクが大きいです。

そのため自衛隊のパイロットをずっと続けることは難しく、途中で所属部署が変わることもあるので理解しておきましょう。

パイロットとしての給料は高いものですが、死亡リスクも高いので、結婚した後は部署移動してもらった方が嬉しいと思うかもしれません。

しかし本人の希望が一番なので、国民を守る重要な仕事として活躍してもらいたいものです。

 - カップルのお悩み, 結婚