カップルのお悩み解決所

同棲中の恋人と喧嘩!!帰りたくないときに取るべき行動

2017.10.29

同棲を始めると、いつも一緒に居ることができるので気分が上がりますよね!結婚の予行演習にもなるので、まずは一緒に住んでみる、というカップルは多いでしょう。

しかし、喧嘩したときに逃げ場が無い・・というデメリットも!結婚すれば避けられないことなのですが、同棲でも同じことですよね。

仲違いした状態で、家を飛び出してしまった・・。仕事が終わったが帰りたくない・・。そんなとき、皆どうやって過ごし、対処しているのでしょうか?また、どうやって帰宅するに至るのでしょうか?

同棲している恋人と喧嘩した!帰りたくない!

意見が食い違い言い争いになってしまうと、「同じ空間に居るのもイヤ!」という気分になってしまうかもしれません。雰囲気が悪く、いたたまれなくなって、家に居づらくなります。

もし部屋がワンルームだったりすれば、一人で頭を冷やそうにも逃げ場が無いし・・。

そうして家を出たはいいものの、帰りたくても、部屋のドアにはさっきの喧嘩のオーラが渦巻いていて、なかなかに帰りたくないものです。パートナーが『意地張ってないで帰っておいでよ』なんてメールでもくれたら、入りやすいのですが・・。逆に最後の言葉が、『出て行って!』『帰ってくるな!』だったら、もう戻れませんよね。

筆者も若い頃に同じ経験があります。一緒に外出した際に喧嘩になって、パートナーが先にスタスタと帰ってしまったのです。「あ、マズイ」と思ったが時既に遅し、相手が既にいる部屋にスゴスゴと帰る気にはなれませんでした。締め出されているわけでもないのですが、相手が篭城しているところに自分が折れて歩み寄るようで、イヤなんですよね。

そうして外に居るとき、皆さんはどうやって時間を潰しているのでしょうか?

同棲相手と喧嘩して帰りたくないとき・・皆は外で何してる?

『こちらが謝りに行くようで、負けた気がするから帰りたくない』

『向こうが「帰ってきて」と言ったら、帰ってもいいけど?』

その気持ち、良くわかりますよ。わかる人は多いと思います。では、経験者は何をして外で過ごしていたのでしょう。

漫画喫茶で時間を潰した

とにかく時間を置けばお互い頭が冷えるだろうということで、時間稼ぎですね。

友達の家に行って、またはファミレスに呼び出して愚痴を聞いてもらった

いつも相談に乗ってくれる友達に話を聞いてもらうことで、頭と気持ちの整理がつくかもしれませんね。

公園のブランコで反省した

別にブランコに乗る必要は無いのですが、喧嘩のの内容について自分の中で向き合い、自分の悪かったところはなかったか反省します。仲直りのための、前向きな行動ですね。

実家に逃げる

まだ結婚前の身です。親に頼っても良いのです。パートナーのご両親と仲が良ければ、そちら行って愚痴を聞いてもらっても良いのかも。

同棲中の喧嘩はめんどくさい?「帰りたくない気持ち」を認証しよう

同棲していようがいまいが、結婚した後だろうが、喧嘩はします。喧嘩知らずの仲良しカップルには憧れるものですが、その実現の為に自分の気持ちを殺したり、相手に制限を掛けたりしてはうまくいかないものです。”喧嘩あってこその未来”である場合もあるのです。

事実、喧嘩することには意味があります。お互いに成長したり、新しい関わり方を学んだり、相手の真意や考え方を新たに知るきっかけになるからです。

そして、喧嘩のあと家に帰りたくない気持ちは、当然のことです。「大人気ないな」とか「自分は意地っ張りだな」と卑屈に思うこともあるかもしれませんが、実際のところ、お互いに頭を冷やす冷却期間はかなり重要な時間と言えます。

帰りたくなければ、無理に自分の気持ちを抑える必要はありません。「ちょっと時間を置こう」と、”帰らないことを正当化”してみてもいいのではないでしょうか。イガイガした気持ちで無理に帰宅しても、仲直りには繋がりにくいものです。

同棲は結婚生活の練習。折り合いの付く方法を何でも試してみる

恋人とはいっても元は他人です。実家で暮らしていた頃の共同生活とはワケが違います。

それどころか、血の繋がった家族でも、それぞれ自分の時間やスペースを確保しておきたいと思うもの。お父さんも外で飲んで息抜きしたいし、お母さんだってたまには日中一人の時間に昼寝がしたい。子供は成長すれば、自分の部屋が無いと落ち着かなくなってきますよね。

惚れあった仲でも、やはり自分の時間や空間などの”テリトリー”はある程度確保されるべきです。「まだまだラブラブだから!」という時期でも、個々の時間を持つなら、より相手を恋しく思えたりしますし、自分を磨く時間も取れますよね。

そもそも喧嘩しないようにすれば、「帰りたくない」という風にはならないものですから、どうすれば喧嘩を減らせるか良く話し合ってみましょう。同棲を解消しなくても、方法は沢山あります。

前述のように”一緒に居ない時間を敢えて作る”のは一つの方法です。部屋が狭いので空間が作れないとしても、外出するなり、生活パターンを少しズラしてみるなりと、色々試してみましょう。このとき、「必ず夕食は一緒に摂る」など、一緒に過ごす時間も必ず確保しましょうね。

喧嘩しても、「結婚後の喧嘩したときの練習だ・・」と思えば、何とかして乗り越えようと思えるかもしれませんよ。

謝らなくてもいいから、思い切って帰りましょう!

喧嘩の内容にやはり納得がいかない、どう考えても自分が悪いとは思えない、と言うときは、「謝りに帰る」必要はありません!

ですが、いつまでも外にいられないのも事実。家にはあなたの貴重品や私物が沢山ありますよね・・?それを放って、ずっと彷徨うわけに行かないのはわかっているはず。パートナーも、その”大切なもの”の一つなのではないですか?

先ほども述べたように、帰ったら、喧嘩の内容についてはとりあえず謝らなくてもいいです。しかしまず、『家出をしたこと』『長時間家を空けたこと』を謝ってみましょう。

心配掛けてごめん、ちゃんと話も聞かずに投げ出してごめん、という意味合いですね。

この謝罪を聞けば、普通なら相手の心も少しは溶けるはず。「こっちも○○でごめん」とか、「こんな時間まで・・心配したんだけど」なんて返ってくれば、こちらの警戒心も解けますよね。そうなればその後の話し合いも、冷静に進めることが容易になるでしょう。

 - カップルのお悩み, コミュニケーション