カップルのお悩み解決所

彼女が泣くことに対する本音は?面倒を回避するためにできること

2017.11.1

付き合っている彼女が泣くと面倒に思いますし、機嫌を直してもらうために余計な労力を必要とするので大変に思ってしまいます。

時には彼女に対して言いたいこともありますが、泣いてしまえば結局は自分が悪いようになってしまうので、言いたいことも言えずに我慢した方がいいと思ってしまいます。

そこで彼女が泣くと面倒なので上手く回避する方法について紹介します。

彼女が泣くのが嫌なのは機嫌を直すのが面倒だから

彼女が泣くことで面倒に思う理由としては、彼女が悪くても結局は機嫌をとらなければいけないので面倒に感じてしまいます。

付き合っていればお互い言いたいことも出てきますが、彼女はいつでも言いたいことを言えるかもしれませんが、彼女に対して少しきつく言ってしまうと、それだけで泣いてしまうこともあります。

自分の機嫌が悪かったり彼女の態度が気に入らない時には、ちょっときつめに言葉を言ってしまうこともあるでしょう。

喧嘩をいた時にも強い口調で彼女に言ってしまうこともありますが、その都度泣くことで結局は自分が悪いようになってしまいます。

さらに彼女が泣くことによって、彼女の機嫌を直してもらわなければいけないので、結局は自分が彼女の機嫌取りをしなければなりません。

言いたいことを言ってスッキリしても、結局は彼女の機嫌取りをすることが多いので、面倒に感じてしまいます。

彼女が泣くと面倒なので自分の本音は言わないようにする

彼女が泣くことによって面倒になることを回避するためには、自分の本音を言わないようにするしかありません。

付き合う時には理想はお互いが言いたいことを言い合って、お互いを高め合って付き合うことが理想といえます。

しかし言いたいことを言った時にどちらかの立場が上の場合には、下の方は委縮して何も言えなくなってしまいます。

彼女が大人しくて自分の意見を言わないようなタイプであれば、何か言われた時にすぐに泣いてしまうこともあるでしょう。

そこまで強く言っていないのに、彼女に泣かれてしまうと面倒に感じるので、できるだけ自分の本音は言わないで付き合うしかありません。

言いたいことを言ってしまうと彼女が自信をなくしてしまうので、結局は別れてしまうことになるでしょう。

彼女と上手く付き合っていくためにも、自分の本音を言わないで彼女のありのままを好きになった方が楽に付き合えるかもしれません。

彼女が泣くと面倒な時は彼女の言いなりになってあげる

付き合っている彼女に対して優しさを見せるのは、男性としては心の広さを見せることと同じなので、時には我慢することも大切です。

彼女が泣くことによって面倒に感じるのはどの男性ならば気持ちは分かるので、彼女の言いなりになってあげる優しさも時には必要です。

常に自分がいいたことばかり言っていれば、彼女も嫌になってしまいますし、付き合うことに対して不安を感じてしまうでしょう。

言いたいことを我慢することによって彼女が笑顔になれるのであれば、あえて言いたいことを我慢する方が自分にとってもプラスになるはずです。

10個彼女に言いたいことがあれば、1つだけを彼女に伝えて変えてもらいましょう。

すべてを我慢してしまうと自分がストレスによって泣きたくなるので、あえてここだけは我慢できないという部分だけを伝えることで、円満に付き合いを続けられるはずです。

自分が我慢すればいいと広い心を持つことが大切

彼女と付き合っている時に言いたいことがあれば、我慢することも必要ですし、お互いさまの部分もあるはずです。

お互いが相手に言いたいことを言ってしまえば、どちらも嫌な気持ちにしかならないので付き合いも上手くいかないでしょう。

彼女のことが好きならば泣かせることはしたくないですし、いつでも笑っていて欲しいと願っているはずです。

彼女が泣くことによって自分も嫌な気持ちになりますし、機嫌を直さなければいけないので面倒だと感じてしまうのが本音でしょう。

男性は彼女に対して広い心を持つことによって、彼女も言いたいことを言えるようになりますし、そうすればお互いが言いたいことも言える仲になれます。

自分だけが我慢しているのではなく、彼女も我慢していることを理解しましょう。

言いたいことがあってもまずは広い心を持って受け入れることで、彼女の笑顔を見ることができるはずです。

言いたいことを言っても結局は機嫌を取らなければならない

彼女と上手く付き合っていくためには、自分が言いたいことがあっても我慢することも必要です。

彼女が泣くと面倒に感じるのは、結局は自分が彼女の機嫌をとらなければいけなくなるので、余計ストレスを感じてしまうからです。

泣いているのを放っておいても機嫌が悪くなるし、泣くなと言っても自分が言った言葉に傷ついたと言って怒ってしまうでしょう。

女性と付き合う時に対等な関係性が理想的だと思いますが、実際に喧嘩になったり言いたいことがあれば、対等になることはできないことが多いです。

女性は口ではいろいろ言いますが、言われることで不安になったり落ち込んでしまうので、泣いてしまうことも多いです。

男性にとって女性の涙は一番弱いので、どうすればいいか分からず自分が言った言葉に後悔するでしょう。

結局は彼女には言いたいことを言わないことによって、円満に付き合うこともできるので、本当に伝えたい事だけに絞って彼女に言いましょう。

 - コミュニケーション, 彼女に対するお悩み