カップルのお悩み解決所

彼女が泣くことが多くなった!寂しい思いをさせないためには

2017.11.1

付き合っていても仕事や予定があるとなかなか会うことができませんが、彼女に寂しい思いをさせてしまうこともあります。

自分も寂しい気持ちは一緒ですが、彼女が泣くことが多くなると何とか今の状況を改善したいと思うはずです。

そこで彼女が泣くことが多くなった時に、寂しい気持ちを和らげるための方法について紹介します。

彼女が泣くのは会えなくて寂しいので少しでも会いに行く

付き合っていてもなかなか会えないカップルは多いですが、電話やメールだけでは寂しい気持ちを埋めることはできないことも多いです。

特に付き合い当初は少しでもいいので会いたいという気持ちが強いので、例え仕事で会えないと分かっていても、会いたい気持ちを抑えることはできません。

そのため会いたいのに会えないと寂しい気持ちが強くなってしまい、彼女が泣くこともあります。

仕事だから仕方ないといえばそれまでですが、彼女のために何か行動を起こさないと、このまますれ違いが続いて別れてしまう可能性も高くなります。

彼女の寂しい気持ちを埋めるには、少しでもいいので会いに行くことです。

年齢を重ねるほど無茶なことはしなくなりますが、若い時なら夜中でも会いに行くこともできたはずです。

仕事終わりにちょっとだけ彼女に会いに行くだけでも嬉しいですし、ほんのちょっとした行動が彼女の寂しさを埋めることができるのです。

寂しい気持ちを泣くことで発散しているので彼女に頻繁に連絡する

彼女としれは寂しい気持ちを泣くことによってストレス発散しているのですが、彼氏としては泣かせたくないといと思うのは当然の気持ちでしょう。

しかし遠距離恋愛や毎日の生活スタイルのズレによって、会えない時間が長くなると、急に寂しくなってしまうこともあります。

毎日1度は連絡を取り合っていても、実際に会えないことに寂しさを感じるようになります。

分かっていても寂しい気持ちは抑えることができないので、彼女の気持ちを寂しくさせないためには、できるだけ頻繁に連絡をすることです。

お互い生活スタイルが違えば長電話などできないことも多いですが、LINEなどを使って連絡を取ることはできます。

お互いがやり取りをするのではなく、自分から彼女の一方的にでもいいのでLINEを送ることで、彼女のことを気にかけているという気持ちを行動に移すことができます。

彼女も何気なくスマホを見た時にLINEが来ていれば、嬉しく思うはずです。

彼女が寂しいから泣くときは次に会う約束をする

彼女となかなか会えない日々が続いてしまうと、彼女は寂しくて泣くことも多くなるかもしれません。

寂しい気持ちは実際に会えないこともそうですが、次にいつ会えるか分からない不安から、余計の寂しく思ってしまいます。

彼女が不安から泣いてしまうことが多くなった時は、できるだけ早めに次に会う約束の日を決めましょう。

月に1度しか会えないカップルであれば、会った時に次に会える日を決めておきます。

すると別れた直後からでも次に会う日が楽しみになりますし、次に会う時は何をしようかわくわくすることもできます。

会うのが当たり前のカップルでは会えることの喜びを感じることが薄れてきますが、本来ならば好きな人に会えることはとても嬉しいことです。

好きな人に毎日会いたいのに会えないから寂しいと思うので、次に会う日まで楽しみを取っておくために、次に会う日は早めに決めておきましょう。

毎日決まった時間に連絡を取り合う2人だけのルールを作る

付き合っているカップルにはそれぞれ2人にしか分からない秘密のルールがありますが、彼女が寂しいから泣くことが多くなった時に、2人だけのルールは有効に活用できます。

彼女の気持ちとすれば会えなくて寂しい気持ちと、会っていない時に不安になる気持ちが多くなるので、泣いてしまうのでしょう。

会っていない時もお互いが繋がっていることを確認できたり、相手のことを信頼できる状態であれば、寂しくても我慢できるはずです。

お互いだけの特別な時間帯として、毎日仕事が終わってから何時に連絡を取り合うなど、2人にしか分からないルールを決めておきましょう。

その時間帯だけは何があっても連絡をすると決めておけば、いつでも必ず繋がることができるので、安心感を得ることができます。

毎日同じ時間帯に連絡をすれば、もうすぐ話せると思えるので、楽しみながら時間を過ごすこともできるようになるはずです。

2人の特別な日や時間を作ることで寂しさを共有できる

毎日会えるカップルもいれば、1ヶ月に1度しか会えないカップルなど、それぞれいろいろな事情がありながら付き合っているものです。

どんなカップルもお互いを信頼することで付き合いが続いていきますが、会えない時間が長くなると寂しい気持ちが大きくなっていきます。

彼女とすれば泣くことで寂しい気持ちのストレス発散をしていますが、彼氏とすれば彼女を泣かせたくないと思うものです。

仕事や生活スタイルのすれ違いによって会えない時間が多い時は、できるだけ会えないことをカバーできる行動をするべきです。

2人にしか分からない秘密のルールを決めておいたり、毎日同じ時間に連絡を取り合うことによって、2人だけの時間を楽しむことができます。

会うこと以上に2人の時間を楽しむことができれば、いつでも繋がっていることを強く感じるので、寂しい気持ちも和らげることができるはずです。

いつかは毎日一緒にいて笑顔でいられることを願っています。

彼女が泣くのは会えなくて寂しいので少しでも会いに行く

付き合っていてもなかなか会えないカップルは多いですが、電話やメールだけでは寂しい気持ちを埋めることはできないことも多いです。

特に付き合い当初は少しでもいいので会いたいという気持ちが強いので、例え仕事で会えないと分かっていても、会いたい気持ちを抑えることはできません。

そのため会いたいのに会えないと寂しい気持ちが強くなってしまい、彼女が泣くこともあります。

仕事だから仕方ないといえばそれまでですが、彼女のために何か行動を起こさないと、このまますれ違いが続いて別れてしまう可能性も高くなります。

彼女の寂しい気持ちを埋めるには、少しでもいいので会いに行くことです。

年齢を重ねるほど無茶なことはしなくなりますが、若い時なら夜中でも会いに行くこともできたはずです。

仕事終わりにちょっとだけ彼女に会いに行くだけでも嬉しいですし、ほんのちょっとした行動が彼女の寂しさを埋めることができるのです。

寂しい気持ちを泣くことで発散しているので彼女に頻繁に連絡する

彼女としれは寂しい気持ちを泣くことによってストレス発散しているのですが、彼氏としては泣かせたくないといと思うのは当然の気持ちでしょう。

しかし遠距離恋愛や毎日の生活スタイルのズレによって、会えない時間が長くなると、急に寂しくなってしまうこともあります。

毎日1度は連絡を取り合っていても、実際に会えないことに寂しさを感じるようになります。

分かっていても寂しい気持ちは抑えることができないので、彼女の気持ちを寂しくさせないためには、できるだけ頻繁に連絡をすることです。

お互い生活スタイルが違えば長電話などできないことも多いですが、LINEなどを使って連絡を取ることはできます。

お互いがやり取りをするのではなく、自分から彼女の一方的にでもいいのでLINEを送ることで、彼女のことを気にかけているという気持ちを行動に移すことができます。

彼女も何気なくスマホを見た時にLINEが来ていれば、嬉しく思うはずです。

彼女が寂しいから泣くときは次に会う約束をする

彼女となかなか会えない日々が続いてしまうと、彼女は寂しくて泣くことも多くなるかもしれません。

寂しい気持ちは実際に会えないこともそうですが、次にいつ会えるか分からない不安から、余計の寂しく思ってしまいます。

彼女が不安から泣いてしまうことが多くなった時は、できるだけ早めに次に会う約束の日を決めましょう。

月に1度しか会えないカップルであれば、会った時に次に会える日を決めておきます。

すると別れた直後からでも次に会う日が楽しみになりますし、次に会う時は何をしようかわくわくすることもできます。

会うのが当たり前のカップルでは会えることの喜びを感じることが薄れてきますが、本来ならば好きな人に会えることはとても嬉しいことです。

好きな人に毎日会いたいのに会えないから寂しいと思うので、次に会う日まで楽しみを取っておくために、次に会う日は早めに決めておきましょう。

毎日決まった時間に連絡を取り合う2人だけのルールを作る

付き合っているカップルにはそれぞれ2人にしか分からない秘密のルールがありますが、彼女が寂しいから泣くことが多くなった時に、2人だけのルールは有効に活用できます。

彼女の気持ちとすれば会えなくて寂しい気持ちと、会っていない時に不安になる気持ちが多くなるので、泣いてしまうのでしょう。

会っていない時もお互いが繋がっていることを確認できたり、相手のことを信頼できる状態であれば、寂しくても我慢できるはずです。

お互いだけの特別な時間帯として、毎日仕事が終わってから何時に連絡を取り合うなど、2人にしか分からないルールを決めておきましょう。

その時間帯だけは何があっても連絡をすると決めておけば、いつでも必ず繋がることができるので、安心感を得ることができます。

毎日同じ時間帯に連絡をすれば、もうすぐ話せると思えるので、楽しみながら時間を過ごすこともできるようになるはずです。

2人の特別な日や時間を作ることで寂しさを共有できる

毎日会えるカップルもいれば、1ヶ月に1度しか会えないカップルなど、それぞれいろいろな事情がありながら付き合っているものです。

どんなカップルもお互いを信頼することで付き合いが続いていきますが、会えない時間が長くなると寂しい気持ちが大きくなっていきます。

彼女とすれば泣くことで寂しい気持ちのストレス発散をしていますが、彼氏とすれば彼女を泣かせたくないと思うものです。

仕事や生活スタイルのすれ違いによって会えない時間が多い時は、できるだけ会えないことをカバーできる行動をするべきです。

2人にしか分からない秘密のルールを決めておいたり、毎日同じ時間に連絡を取り合うことによって、2人だけの時間を楽しむことができます。

会うこと以上に2人の時間を楽しむことができれば、いつでも繋がっていることを強く感じるので、寂しい気持ちも和らげることができるはずです。

いつかは毎日一緒にいて笑顔でいられることを願っています。

 - コミュニケーション, 彼女に対するお悩み